人気ブログランキング |
ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

<   2010年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧

京都庭園視察 その1 光悦寺

d0021969_1744152.jpg

今週ブログ当番の根來です。ヨロシクお願いします。

残暑厳しい9月。前橋市で工事中の住宅の建主さんに誘われ、京都庭園視察に行ってきました。
建物同様、庭もこだわりたいとのこと。
庭や前庭も、建物に合わせて、設計デザインすることになりました。
その時の報告を、今日から5回に分けてUP致します。

まずは、「そうだ京都へ行こう」でお馴染みの『光悦寺』へ。
前面道路から玄関までのアプローチの参考にと。それが上の写真。
石の材種や、大きさ、貼り方、その組み合わせはもちろんのこと、
その目地の表現によっても雰囲気は全く違ってきます。
さらには、両脇の竹柵や、植栽との関係も。
う~ん。いきなり奥が深い。

ここでのもう一つの目的は、下の写真の『光悦寺垣』。
竹特有のしなやかさを活かした垣根。弧を描く曲線は美しい。
d0021969_17441430.jpg

竹垣には、京都を代表的なお寺から名付けられたものが沢山あります。
「銀閣寺垣」「金閣寺垣」「竜安寺垣」「大徳寺垣」「建仁寺垣」「木賊垣」などなど。
もちろんオリジナルの竹垣デザインもあり。

楽しみは膨らむばかりです!

根來 宏典/根來宏典建築研究所NPO法人家づくりの会所属)
by npo-iezukurinokai | 2010-11-30 17:48 | 根來 宏典 | Comments(0)

大磯の家5

2010年4月20日

長雨の合間をついて、竣工写真の撮影をしてきました。
d0123277_19465328.jpg
玄関
d0123277_1947551.jpg
玄関のニッチ
d0123277_19462930.jpg
キッチンから
d0123277_19474087.jpg
寝室から吹き抜けを抜けて
d0123277_19475480.jpg
階段のニッチ
d0123277_1948917.jpg
夕景の撮影

カーテンもついて、後は引っ越しを待つばかりです。
by npo-iezukurinokai | 2010-11-26 15:39 | Comments(0)

大磯の家4

2010年3月27日

d0123277_13263830.jpg

雨に悩まされていましたが、ようやく足場が取れました。
d0123277_13271714.jpg

内部仕上げもほぼ完了しました。左官壁に映る光が柔らかです。

2010年3月31日

建築基準法上の完了検査を受けました。
ここのところ民間の検査機関にお願いすることが多かったのですが、今回は正真正銘のお役所。特に疑わしいところも無いと思うのですが、2人がかりでずいぶんじっくり見て行かれました。
そうこうするうちに暗くなってきたので照明を点けてみました。
d0123277_1111624.jpg
寝室
d0123277_1113374.jpg
2階のホール
d0123277_111457.jpg
和紙貼りの和室、畳はこれからです

長浜 信幸/長浜信幸建築設計事務所NPO法人家づくりの会
by npo-iezukurinokai | 2010-11-25 11:52 | Comments(0)

大磯の家3

2010年1月19日

上棟した後はほぼ毎週現場に顔を出します。
11月末に上棟したこの家もだいぶ進んで外壁の下地工事が進んでいます。
d0123277_16241462.jpg
海を臨む雰囲気もだいぶ分かるようになってきました。
d0123277_16242555.jpg
2階の洗面室になる場所です。

20210年2月7日

今日は大磯の現場で建主さんに来ていただいての打ち合わせでした。
昨日までの強い風のせいか、いつもより空も海も澄み渡っているように見えました。
d0123277_18411260.jpg
敷地の真正面に、大島と利島。
d0123277_18412461.jpg
駅に向かう坂道からは、江ノ島もよく見えます。
d0123277_18413523.jpg
現場の方は天井が張られ、間仕切り壁も完成し、空間がよく分かるようになってきました。
by npo-iezukurinokai | 2010-11-24 08:59 | Comments(0)

大磯の家2

2009年11月28日
大磯の現場が上棟しました。
晴天に恵まれてとても気持ちの良い一日でした。
山の上の敷地でクレーンが上ってこられず手起こしの現場となりましたが、手際よく工事は進み、夕方にはしっかりと家の形が出来上がりました。
d0123277_14425242.jpg
計画通りに屋内からも海の眺めが満喫できそうです。

2009年12月8日
構造の検査に行ってきました。
d0123277_18562653.jpg
屋根が架かってだいぶ家らしくなってきました。
d0123277_1856377.jpg
今日も良い天気で、海に反射する日の光がまぶしいほどでした。


長浜 信幸/長浜信幸建築設計事務所NPO法人家づくりの会
by npo-iezukurinokai | 2010-11-23 10:11 | Comments(0)

大磯の家1

ちょうど「家づくりの会」のホームページに「大磯の家」が載っているので、この場で工事の経過を書いたブログを改めてご紹介したいと思います。

2009年10月28日UP
大磯で現場が始まりました。
d0123277_17471192.jpg
高台の敷地からは空と海の気持ちの良い眺めが得られます。
周囲の山はまだ紅葉には少し早いようですが、これからが楽しみです。
d0123277_17473046.jpg
歩いて坂を下りる途中に見つけた家。
何年前に建てられたのでしょうか。和服の小説家でも出てきそうです。

長浜 信幸/長浜信幸建築設計事務所NPO法人家づくりの会
by npo-iezukurinokai | 2010-11-22 14:56 | Comments(2)

薪小屋

薪集めに奔走した今年を振り返る今週の巻も土曜日です。
今まで軒下などに積み上げていた薪ですが、そろそろ景観破壊。
じわ〜っと上がってくる湿気で折角の乾燥も台無しです。
d0021969_727540.jpg


そこで今日は、今年の薪仕事の集大成をお見せしましょう。
薪小屋です。
d0021969_7282116.jpg


そこで、工事用の単管と少しの大工工事で無事完成しました。
工期2日。収容量6m2、これで一冬分は確保できます。
とはいえ、まだ捕獲量は1/3。
この冬は、マッチポンプの動きが求められそうです。

徳井正樹
徳井 正樹/徳井正樹建築研究室 href="http://www.npo-iezukurinokai.jp/">NPO法人家づくり
の会所属)
by npo-iezukurinokai | 2010-11-20 07:32 | 徳井 正樹 | Comments(0)

道具たち

薪を求め山にシバカリ。
この春から秋まで10回は入りましたかね。
そんな時に大切なのは道具です。
今日は薪関連の賢い子分たちを紹介しましょう。
(ほぼ、入手順に左上2つ目から時計回り)
d0021969_13301559.jpg


1:丸のこ(17年生)
  木っ端から裏山の太枝を切るのに使っています。

2:ヘッジトリマ(5年生)黄緑
  笹の剪定用で直接薪には絡みませんが、
  これは時間短縮に抜群。人の10倍は働きます。

3:電動チェーンソー(3年生)黄
  多目的に使えると面白半分の購入があら不思議。
  これで径40cmの紅葉樹を根元から伐採できました。

4:エンジンチェーンソー(2年生)赤
  しかしやはり電動では物足りなくなりエンジンへ。
  これで本格的な野外活動が始まりました。

5:鉈(右手前、10年生)赤鞘
  小枝打ちや板を割るにはこれが一番。
  山歩きには欠かせません。

6:斧(2年生)
  刃物の重さ1kgなので小者かと思いきや、
  これ5〜8打で刺さっている切り株なら割れます。

7:コードリール(15年生)赤
  これはいつでも付き物です。

8:ネコ車(左手前、10年生)緑
  何と云ってもコイツがなければ何も運べません。

9:卓上丸のこ(20年生)緑
  ネットオークションで購入した中古品ですが、
  板、太枝、竹など特に長物、重い物を斬るのに大活躍。

10:ブロアー(5年生)青
  庭仕事用にと入手しましたが、今ではお役一新。
  仕事後の大鋸屑(おがくず)を吹き飛ばし集めるにはこれが一番。

これ以外に手斧、鋏刃物類が大中小など、保管場所とメンテが大変ですが、
薪仕事は、家族を暖める「薪」という実りがあるので、
体調管理も含めて楽しんでいます。

徳井正樹
by npo-iezukurinokai | 2010-11-19 13:32 | 徳井 正樹 | Comments(0)

山にシバカリ

昨日は、年一度の人間ドックで日誌を休みました、ごめんなさい。
おかげさまで、脳MRIでも問題なく、
「しっかり仕事しなさい」というお墨付きを頂きました。

さて、「薪ストーブにくべる薪が底を尽きた」の続きです。

ネットで薪価格を調べると概ね40円/kg。
一日の消費量を25kgとすれば、一日1000円。月3万円。
すべて買ってきたら、ひと冬15万円にもなってしまいます。
これに送料かガソリン代が加わるわけですから、トンデモアリマセン!
そこで自己調達となります。
d0021969_14254525.jpg

写真は知り合いの山から伐りだしてきた桜。
軽トラに平積みで、約3週間分。買ったらざっと2万円でしょうか。
ただ、これはズブナマ。1〜2年は乾燥が必要です。
d0021969_1424225.jpg


とはいえ、何度か山に入ると枯れた太枝などもあり、
昨冬の半分近くは自己調達材で賄いましたが、
ただ、ストーブ生活に休みはありません。
蟻とキリギリスの童話どうり、夏場はせっせと薪集め。
と言うわけで、続きはその手順を披露しましょう。

徳井正樹
by npo-iezukurinokai | 2010-11-18 14:26 | 徳井 正樹 | Comments(0)

薪がない

昨日に続き「二年目を迎える薪ストーブ生活」の顛末です。

念願のストーブが点火してニコニコ顔の私に
突きつけられた課題は”薪の手配”でした。

少しはストックのあった薪も、
炎を重ねると嬉しいもんですから直ぐに底を尽き、
急場のしのぎで掻き集めたのが「大工さんの木っ端」でした。
d0021969_17282347.jpg


これは設計屋の強みでしょう、、。
樹種、寸法、形状も様々な木っ端は直ぐに揃いましたが、
タモ枠やナラ床板に混じって松や杉、ヒバなどの針葉樹もあり、
決して望ましいモノではありませんでした。

「これではイケナイ!」
そこで、広葉樹の山にシバ刈りに出ることになります。
つづく、、、

徳井正樹
徳井 正樹/徳井正樹建築研究室 href="http://www.npo-iezukurinokai.jp/">NPO法人家づくり
の会所属)
by npo-iezukurinokai | 2010-11-16 17:30 | 徳井 正樹 | Comments(0)