人気ブログランキング |
ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

<   2013年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

被災地復興再建住宅第1号

d0021969_16572275.jpg


岩手県三陸沿岸に、職人不足で工事が遅れに遅れ、一年がかりでようやく完成した、30坪1000万円の、森の貯金箱プロジェクト、復興再建住宅1号の工事途中写真です。
この住宅は、柱を連結した無垢のパネル壁で構成され、パネル壁は土台や梁と金物や金属パイプで接合され、金物と木はピンで固定する、FSB工法で建てられています。

d0021969_1844387.jpg

この固定ピンを抜くと、パネルと梁等の横架材とは無傷で分離出来ます。そのため、分離されたパネルは異なる間取りの建物にも再使用可能です。

d0021969_1873280.jpg


壁パネルの外側には岩手の地域に合った厚みの断熱材を貼り、通気層を設けて防湿シートを貼り、本来は杉の下見板を貼るんですが、今回は建てぬしさんの希望で金属のガルスパンというサイディングを貼っています。

d0021969_18122075.jpg


内部は、杉の柱材をそのまま現しにして、工事費を節約しています。木材の持つ湿度調整機能をフルに活用しています。

d0021969_18145010.jpg


上の写真は、蓄熱暖房の給湯バルブのヘッダーです。1000万円には暖房工事費は含まれていませんので、80万円程増額になりますが、加算していただきました。暖房はエアコンの室外機と同じ構造のヒートポンプで、深夜電力でお湯をつくり、それをパイプで床下に送り、土間コンクリートを温め、蓄熱させます。この住宅は通常の在来工法の住宅より、3~4倍の木材が使用されているため、建物全体として熱容量が大きく、一度温めると冷めにくい構造になっています。深夜電力で1/3の電気代で、ヒートポンプ方式でさらに1/2の電力使用効率でお湯を作るため、灯油より割安のランニングコストですみます。

d0021969_18523421.jpg


対面式のキッチンから見た、居間食堂玄関方向を見た写真です。
この住宅一軒の木材で釜石地方の森林整備が1ヘクタール進むことになります。
by npo-iezukurinokai | 2013-10-31 19:03 | 藤原 昭夫 | Comments(0)

杭基礎と被災地報告

d0021969_17274945.jpg

長野県の現場に行く途中、気になる基礎を見てしまいました。
コンクリートの束石を基礎にした住宅です。

なぜこんな基礎が気になったかというと、今、被災地の復興再建住宅作りで、釜石に通っていますが、そこで問題になっているのは、コンクリートと基礎屋さん不足で、基礎工事ができないことです。それでコンクリートの布基礎ではなく、杭を基礎にできないか、個人的にいろいろな方面で調査中だったからです。
理想としては、鋼管杭を基礎とし、それに土台を乗せただけで建築できればすぐに工事が進められます。

被災地の沿岸地域はもともと生コンプラントが小規模で数も少なく、防潮堤などの土木工事でとてつもない量のコンクリートの復興需要が生じて、住宅の基礎などは、たまたま土木の需要がなかった時にまわしてもらえるる状況です。しかもその時に基礎屋さんが都合つかないと、またいつコンクリートをもらえるかわからないのです。明日紹介予定の30坪1000万円の復興再建注文住宅の第一号がようやく完成しましたが、本来1年以上も前に完成していておかしくありませんでした。

職人不足は基礎屋さんだけでなく当然大工さんはじめ、各職方すべてに言えて、それぞれの都合のあった時に作業が進むという塩梅なのです。当然ながら物不足、職人不足で工事費は際限なく高騰し続けています。

釜石は、本来住宅を建てられる土地は少なく、建てられるところも、津波の恐れがあるということで、高台を造成することでしか住宅地は生み出せないところです。その造成も、候補地がようやく決まり、森林組合に山林の伐採の打診が来たとのことです。しかもその伐採予定地は、虫喰い状態で、残りはまだ売却が決まってないようです。ですから、造成地ができるのはあと数年かかるのではといわれています。今建てることのできる方はたまたま知り合いが土地を持っていたようなかたです。こんな状況ですでに、工事費や工期がこんな状況です。

何とか杭で基礎を作れないかと思案していて、このような杭らしき基礎の住宅が目に付いたことを理解いただけますでしょうか。
by npo-iezukurinokai | 2013-10-29 17:39 | 藤原 昭夫 | Comments(0)

のどかな風景

d0021969_16111871.jpg
この写真は、昨年の11月の始め、仙台から車で、宮城県女川町へ向かう途中の、山間の田んぼの風景です。多くの白鳥が飛来しており、田んぼの中は、数え切れない数の白鳥がえさを取っていました。この30分後に、女川町の悲惨な光景を見ることになるとは、想像もしていませんでした。米を作る山間と、漁業の海が、かくも近くに位置しており、且つ、白鳥などの野生動物の領域が人間の生活範囲の中にあること。あらためて、日本の自然はまだまだ、豊かで、しかも、のどか、であると感じました。
by npo-iezukurinokai | 2013-10-25 16:35 | 藤田 辰男 | Comments(0)

自然災害への備え

d0021969_13371287.jpg
今週担当の藤田です。先日、大島で多くの犠牲者がでてしましました。まことに、残念です。日本は、地震、台風、火山、洪水、竜巻と自然災害が多い国です。最近特に、集中豪雨が多発し、今回のような災害が起きてしまいました。私たちは日ごろから、災害の多い国に住んでいることをあらためて思いおこし、災害を最小減にとどめる備えを日ごろからしておく必要があります。
写真は、東日本大震災の8ヶ月後、気仙沼近くで撮った写真です。この情景は、津波の大きさを物語っています。保存するか、話題になっていますが、東海地方でも、いつ起こるかわからない、巨大地震と津波。
私たちの記憶から、薄れないようにと思い、掲載させて頂きました。
by npo-iezukurinokai | 2013-10-22 14:02 | 藤田 辰男 | Comments(0)

住宅関連税制とすまい給付金制度

来年4月からの消費税率引き上げが決定しました。
これに対応した住宅関連税制とすまい給付金制度が用意されていることをご存知ですか。

まず、以前からあった「住宅関連税制度」では、引き上げ後の消費税が適用される方については、住宅ローン減税や投資型減税において控除額が拡充されます。
さらに、「すまい給付金制度」は、自らが居住する住宅の取得に際し、引き上げ後の消費税が適用される方に、一定の条件を満たせば給付金が支払われる新しい制度です。

詳しい内容は、「国土交通省 すまい給付金」「住宅関連税制とすまい給付金」をご覧下さい。
消費税率引き上げによる負担の軽減が図られているものですから、家づくりに際して、可能であればぜひご活用下さい。

坂東順子/J環境計画
by npo-iezukurinokai | 2013-10-15 19:50 | 坂東 順子 | Comments(0)

輻射冷“暖房”2

d0021969_2131424.jpgd0021969_2133482.jpg
左 ご自宅での土浦先生ご夫妻
右 A.アアルト 国民年金会館食堂 天井に輻射暖房パネルが設置されている

輻射暖房は、“床”暖房だけではありません。
“天井”輻射暖房は、有名建築家も古くから実践しています。
日本では、大正時代フランク・ロイド・ライトのタリアセンに留学した土浦亀城氏が1935年自邸で採用。二層吹き抜けの居間で試みています。
土浦先生は、『結果は予想以上に良い。残念なのは輻射熱を測定する機械がないので数値で出すことができない。』と記されています。
アルヴァー・アアルトも1956年、ヘルシンキに竣工した国民年金会館で採用しています。
どちらの建物も訪問させていただきましたが、暖房運転中ではなかったので残念ながら、天井輻射暖房を体験したことはありません。
今年の夏、我が事務所ではエアコンによる天井輻射冷暖房の工事をしたので、天井輻射暖房の体感が楽しみです。
                                                           半田雅俊
by npo-iezukurinokai | 2013-10-09 21:15 | 半田 雅俊 | Comments(0)

天井輻射“暖房”

d0021969_1320497.jpg猛烈に暑かった夏が去り、ようやく涼しくなってきました。
雨が降った日、肌寒いほどに気温が下がったので、
気が早いのですが、我が事務所の天井輻射暖房を試してみました。
外の方が涼しいので、窓を開けてエアコンを暖房運転に切り替える。
早速サーモグラフィーで天井の温度を観察。
天井裏の暖気は順調に動いているようだ。
すぐに暖房が効いてきて暑くてたまらず、これ以上の観察は断念。
早く本格的な冬が来ないかな~。

今日の室温  夏が戻ってきたみたい
by npo-iezukurinokai | 2013-10-09 13:24 | 半田 雅俊 | Comments(0)

輻射冷房3 渋谷駅

d0021969_1438287.jpgd0021969_143978.jpg

   輻射冷房は、以前から一部の人たちが取り組んでいましたが、普及はまだまだ。
カビの発生など問題点もあったからでしょう。
 それでも最近輻射冷房が見直されていて、昨年オープンした地下鉄副都心線渋谷駅のホームでは、天井と床に輻射冷房が採用されています。
サーモカメラで見ると範囲がはっきり判ります。手で床に触っても分かります。自然な涼しさで快適です。
エアコンの冷房が苦手な人はたくさんいます。冷房時でも解放せざるを得ない公共空間などにも有効です。
省エネと快適性の両面が求められる今、これからの冷房方法として、広がるかもしれませんよ。

半田雅俊
by npo-iezukurinokai | 2013-10-09 00:00 | 半田 雅俊 | Comments(0)

天井輻射冷房2

d0021969_9533369.jpg 輻射暖房である床暖房は、温度設定が低め(弱め)でも快適です。
我が事務所の実験から、輻射冷房でも、通常の冷気を吹き出す冷房より、設定温度を上げても(弱めでも)涼感が得られそうです。
 冷房を弱めることで、消費電力を減らすことができるかも。
さらに冷房室内と戸外温度との差が少なくなることで、体へのストレスも減らせたら、と思ってのこと。


 天井輻射冷房の体感がまずまずだったので、残り半分のエリアも輻射式への工事を行いました。今後、様々な設定で測定をする予定です。
半田雅俊
by npo-iezukurinokai | 2013-10-08 10:28 | 半田 雅俊 | Comments(0)

天井輻射冷房

d0021969_9273338.jpg
 この夏、我が設計事務所では、エアコンを天井埋め込み型に変更工事をしました。“天井輻射冷暖房”を試すためです。
当初は、半分のエリアを天井輻射式にし、残りを従来型の冷気吹き出しを残しました。
輻射冷房と冷気吹き出しエリアのそれぞれで、三段階の高さに温度ロガーを設置し、15分ごとに温度計測をしました。
測定の結果、天井輻射冷房エリアの方が、上下温度差が少ないことが判りました。
写真は、サーモカメラで天井の温度分布の撮影。

半田雅俊
by npo-iezukurinokai | 2013-10-08 09:35 | 半田 雅俊 | Comments(0)