ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

<   2018年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ご褒美です

本日、窓口当番の後藤です

先週、「西岐阜の家」も無事に竣工&引き渡し
そのご褒美??として

昨年も行きました「クラフトフェアまつもと」へ
d0021969_08322647.jpeg
















さらに昨年と同じく、30℃超えの暑い1日の中
様々な手跡のこる作品に触れて。楽しい1日になりました

と、その前に、安曇野に行きまして
d0021969_08322193.jpeg





















いつも多くの人でにぎわう安曇野ちひろ美術館も
閉館間際という事で、この空間を独占
こどもたちは、絵本に囲まれて読み放題と
至福の時間を頂きました

そんなご褒美的な時間のワンショット
これ。なんだと思います??
d0021969_08323176.jpeg
















とある、家の前にありまして、、、
雄・・・・・です

オス・・・・です

そう!押す。んです。呼び鈴でした
こんな風書いてあると、わかる奴なら
押してくんねぇ~~と言われてるみたいですね

後藤たかし/後藤建築設計

[PR]
by npo-iezukurinokai | 2018-05-28 09:00 | 後藤 孝 | Comments(0)

実家…湘南の海

庄司寛建築設計事務所の庄司です.

久しぶりに実家近くの湘南の海を見に行きました.この時期には珍しく,穏やかな波の先に“えぼし岩”がくっきりと綺麗に見えていました.

d0021969_08440506.jpg

やはり海はいいです!…海を眺めていると時が経つのを忘れてしまいます.

庄司寛/庄司寛建築設計事務所



[PR]
by npo-iezukurinokai | 2018-05-27 08:50 | 庄司 寛 | Comments(0)

リノベーションのセミナー&相談会のお知らせです

d0021969_14273286.jpg

d0021969_14273436.jpg

6月も4月5月に引き続き、リフォーム・リノベーションに
まつわる
セミナー及び相談会を行います!
会場は家づくりギャラリー(市ヶ谷)です。

* 新築や建て替えも含めてリベラルにご助言いたします!
* 連続講座ではございませんので、各テーマごとに、
  ご都合の良い日時でのご参加が可能です。! 
* 当日に既存建物の資料をお持ちいただけましたら詳細の
  ご相談やご助言も可能です。

どうぞお気軽にお出でくださいませ。
(当日直接参加も歓迎いたします!)
※各曜日で開始時間が異なりますのでお気をつけください。

①6月1日(金)11~14時  
工藤 夕佳/mokki設計室
『マンションリノベーションの手法!』
 =素材の使い方で空間の質がここまで変わる!=

②6月2日(土)14~17時  
落合 雄二/U設計室
『リノベーション? それとも建て替える?』
 =判断材料のあれこれ伝授します=

③6月3日(日)14~17時  
古川 泰司/アトリエフルカワ一級建築士事務所
『高齢者のためのリノベーション講座!』
 =資産価値と利用価値のバランスからみえてくるもの=

④6月4日(月)11~14時  
田中 ナオミ/田中ナオミ アトリエ
『リノベーションとは!』
 =予約して来てね=

⑤6月5日(火)11~14時  
倉島 和弥/RABIBTSON一級建築士事務所
『建て替えか?リノベーションか?判断のものさしは?』
 =新築と同等に考えるリノベーションの極意!=

⑥6月15日(金)17~20時  
丹羽 修/NLデザイン一級建築士事務所
『楽しい、古民家のリノベーション』
 =古さを生かした、お店や住宅の事例大公開!=

⑦6月16日(土)14~17時  
赤沼 修/赤沼修設計事務所
『あえて狭くして快適に暮らす、減築リノベーションとは!』
 =今ある住いの良い部分をいかに活かすかを探ります=

⑧6月17日(日)14~17時  
伊澤 淳子/一級建築士事務所伊澤計画
『暮らしを支える水回りの改修』
 =キッチン・トイレ・浴室の改修のポイントについて=

⑨6月24日(日)14~17時  
福田 隆一/福田建築設計事務所
『改修コストについて!』
 = 気をつけるべき点、事例をもとに教えます。 =

⑩6月25日(月)11~14時  
吉原 健一/光風舎一級建築士事務所
『記憶を受け継ぐリノベーション!』
 =古材や建具の再利用=


[PR]
by npo-iezukurinokai | 2018-05-26 15:05 | 「家づくりの会」全体 | Comments(0)

家づくり学校

家づくりの会では、“これから家を建てたい方向けの住宅相談“の他に“住宅設計を目指す方“を対象に『家づくり学校』を運営しています。カリキュラムは4年制で今期は十期目にあたります。

先日3年生の授業を受け持ちました。テーマは『住まいの平面計画』。

私たちの住まい方は意外に早く変化しています。食事の仕方もしかり。「いろりのある暮らし」を体験したことのある方は少ないでしょうが、子供の頃ちゃぶ台で食事をしていた記憶のある方はいらっしゃるでしょう。日本人がテーブルで食事をするようになったのは、以外と新しいのです。将来のことも考えておくことが住まいを長持ちさせる秘訣の一つでもあります。

d0021969_15364260.jpg

ちゃぶ台:折りたたみ式座卓。

夜は片付けて布団を敷く。

同じ部屋を寝食共用する住まい方。



[PR]
by npo-iezukurinokai | 2018-05-17 15:41 | 半田 雅俊 | Comments(0)

静岡

本日の窓口当番の丸石です。
d0021969_09421915.jpg

東京お台場にある 1/1スケールの立像です。
今年40周年を迎えるアニメ番組の主役ロボットのガンダムです。

製作は乃村工藝社さんがメインで陣頭指揮を執り、
一部パーツはタイなどの海外で製作した物を船便で日本に送り、
このお台場の現地で組み上げていったそうです。
d0021969_10023988.jpg

アニメーションという架空の世界のものを 実際に1/1スケール
で公衆の面前に出すにあたって 製作担当者が検討参考として
よりどころにしたのが、1/60サイズのプラモデルとのこと。

私たち建築に携わる人たちが、1/100・1/50などのスケールで
実際の1/1の家を建てる際に、検討で使う模型をつくる工程と
似ていた訳です。

さて、そのガンダムのプラモデル(略してガンプラ。)
どこでつくられているかと申しますと、静岡県にある工場。
d0021969_10093913.jpg

世界に流通するほとんどの商品がこの静岡の工場で生産されている
ようです。今までの累計生産数、なんと約5億!すごい数です。

 静岡県はプラモデルの出荷額・生産量が断トツで日本一。
数あるメーカーがここ静岡県で生まれています。
d0021969_10251007.jpg

このマークを見て、プラモデルを作ったことがある人であれば、
すぐにピンとくるはずです。左側の赤い星は「情熱」右側の青い星
は「精密」をあらわす、タミヤ模型さんの星のロゴマーク。

プラモデルの精巧な箱絵に魅せられた方も多いはずです。
タミヤさんはプラスチックモデルのリアルな表現のために
現地への実物取材はもちろんのこと、現物を購入して、分解、
バラして、製品作りにフィードバックしてきたそうです。
d0021969_10444538.jpg

なぜ、静岡がプラモデル生産地として現在の地位を築いたのか。
諸説あるようですが、始まりは徳川家康が眠る久能山東照宮を
造営するために、幕府が腕利きの木工職人を集めたこと。だそう。

豊かな自然・流通路に恵まれた事もあり、木材加工業が盛ん→
プラモデルの源流である木製模型へ→木製からプラスチックへ。
と変遷を経てきました。
d0021969_10581564.jpg

 【模型の世界首都・静岡】を表明するだけあって、
プラモデルは静岡県の伝統工芸品のひとつなんですね。

昨日今日と静岡で開かれている
第57回 静岡ホビーショーは大盛況でしょう。

最後に・・
d0021969_11121402.jpg

この静岡行に同行した 家族である 妻・9歳の娘は
「なんのこっちゃ?」と当然不満です。

静岡まで来て、模型の会社やら、物流倉庫やら、工場巡りを
して、写真を撮って喜んでいるのは自分だけです。

彼らのへのフォローですか? もちろん考えておりました。
「ここでしか食べられない 美味しい物を食べに行こうよ。」
d0021969_11290663.jpg

ここでしか明かせませんが、終わりよければ、全てヨシ!
という素晴らしい言葉を実践あるのみです。

techtohook丸石隆行一級建築士事務所/丸石隆行
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2018-05-12 22:25 | 丸石 隆行 | Comments(0)

訪問入浴

在宅介助しながら一緒に暮らす母が2月に心不全で再入院してから3ヶ月、先生も驚く回復ぶりですが以前のようにはいかない事も多くなりました。

d0021969_13063180.jpg

その一つが入浴です、自宅浴室での介助入浴は身体への負担が思いのほか大きかったのですが、訪問入浴は寝た状態で入浴できるのでかなり厳しい状態の時にも利用できました。入浴は単なる清潔感だけではなく単調な日々に気力が戻る効果も大きく、現在は時間を短縮してデーサービスへも通い始めましたが入浴サービスは訪問入浴を利用しています。普段は気に留めないことも一緒に暮らすことで感じられることの多い毎日です。

リノベ頼むなら「リノベーション窓口」まで

赤沼修/赤沼修設計事務所


[PR]
by npo-iezukurinokai | 2018-05-10 23:04 | 赤沼 修 | Comments(0)