人気ブログランキング |
ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

<   2019年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

花ブログ

d0021969_16263573.jpg
木瓜 3/22投稿  連翹 3/24投稿
d0021969_16262874.jpg
d0021969_16264238.jpg
スミレ 3/21投稿   ハナニラ 3/23投稿
d0021969_16260455.jpg

昨年夏からほぼ毎日、花の話題をインスタグラムとfacebookに載せています。通勤途中や事務所と自宅周辺で見つけた花をスマホで撮影し名前を調べて投稿します。PCで検索したり植物図鑑のページを片ツ端からめくったり、これがまた楽しい。よく観察すると一年中、道端には美しいものがあり、話題には事欠きません。明日はどれを投稿しようかな。


半田事務所のホームページhttp://www.handa-arch.com/(半田雅俊で検索)からもご覧いただけます。



by npo-iezukurinokai | 2019-03-31 16:39 | 半田 雅俊 | Comments(0)

千鳥ヶ淵の桜と、オープンハウス

ブログ当番の丹羽です。
昨日は窓口当番で市ヶ谷の家づくりギャラリーに居ました。
帰り道、すぐお隣り九段下まで足を伸ばし千鳥ヶ淵へ。

たくさんのボートが出ていて、オープンエアのはとバスが
桜並木の下を通り抜けていきました。

(・・・仕事に戻らなくては!!)


d0021969_09322998.jpg



春はお引き渡しの季節でもあり、オープンハウスが続きます。
よろしければぜひお越しください。

■4月14日(日):通し大黒柱のある家(柏市)
■4月20日(土):豪徳寺の家(世田谷区)
■5月11日(土)-12日(日):大町の家(鎌倉市)


詳細は事務所のBlogもご覧ください。
>>>NLデザインのBlog

よろしくお願いいたします。


NLデザイン設計室/丹羽 修


by npo-iezukurinokai | 2019-03-29 09:45 | 丹羽 修 | Comments(0)

ソウル高層ビル群

家づくり学校韓国ツアーに行く前に韓流ドラマ「イ・サン」が面白く、77話を全て見て予習。
イサンは李朝時代第22代王の波乱万丈の物語。特権階級の両班や豪商の私利私欲の陰謀や汚職を正し、民のための政治をとイサンが奮闘する。しかしそう一筋縄ではいかない。
d0021969_11164687.jpg
今回韓国で訪れた建築はどれも素晴らしかった、しかし一方で古い町並みや個人商店が町ごと壊され高層マンションや大企業のビル群になってきているという。ソウルで見た白い高層マンション群は、巨大なお墓のようにも見え強烈だった。
そうイサンの話は今の時代も続いているのだ。権力者や経済の力が肥大化し町の環境を変えてゆく。日々個人住宅を設計し、何を考え大切な事はなどと、少し考えさせられる旅でもあったのでした。
d0021969_11164631.jpg



by npo-iezukurinokai | 2019-03-25 11:17 | 吉原 健一 | Comments(0)

安比

d0021969_10305418.jpg
毎年そうですねえ もう25年くらい?毎年3月初旬に1週間ほど
安比にスキーに行っておりますが、ただその中で2回行けませんでした。
一回は2011年3月の北日本大震災の年です。
それはまさに安比に行く2日前でした。
もし少し計画が早くて行っていたらしばらく戻ってこれませんでした・・・
もう一回は私が肺炎になってしまいキャンセルせざるをえませんでした。

いつも泊まるホテルがスキー場正面にある安比グランドホテルです。
このホテルは建築家の谷口吉生さんが設計したホテルで、
リゾートにある大型ホテルとしては日本でも屈指のホテルだと思います。
写真はそのホテルのロビーですが・・・少し様子がオカシイ?!
実は最近中国の方(資本?)がオーナーとなって大幅に改装したのです。
正面に見える円柱は元々打ち放しのこたたき仕上げでした。
左に見える格子もありませんでしたし、
変な?木の梁もどきもありませんでした。

オーナーが変わったおかげで良くなったことも沢山あり痛し痒しですが
当初の設計の意図を逸脱したデザインの変更は残念です。

田代 敦久 / 田代計画設計工房

by npo-iezukurinokai | 2019-03-25 11:00 | 田代 敦久 | Comments(0)

韓国旅行

家づくり学校恒例の旅行で韓国に行ってきました。
近い国ではありますが、文化や生活スタイルも似ているところ、似ていないところと違いを感じることができました。古民家を中心に見学し、宿泊も古民家でしたので、オンドルも体験することができました。今でも薪を焚くオンドルも残っています。
d0021969_22394011.jpg
こちらは宿泊させて頂いた古民家。垂木は丸太です。オンドル部屋の間に板の間があります。

d0021969_22394522.jpg
こちらは草屋根の家。庶民の家です。キノコのようでかわいらしいです。

韓国にもシロアリがいるそうで、古い建物に蟻害を見つけたり、腐朽箇所を見つけたり、腐った木部を補修した跡を見つけたり、韓国に行っても建物の状態が気になってしまう職業病が出てしまいました。

木造は手入れをしていれば長く住み続けることができます。韓国でも大切に住み継がれている建物をたくさん見ることが出来て嬉しい気持ちになりました。

工藤夕佳/mokki設計室

by npo-iezukurinokai | 2019-03-18 23:02 | 工藤 夕佳 | Comments(0)

総武カントリークラブ

庄司寛建築設計事務所の庄司です.

ゴルフ in 総武カントリークラブ 総武コース…春の不安定な天候下の晴天の中,学生時代からの気の置けない仲間との楽しいラウンドでした.総武コースは距離もしっかりあってやはりいいコースです.

d0021969_07524110.jpg
d0021969_07530467.jpg

当日は花粉が大量飛散していて,ミスショットで杉の木に当てようものなら目に見えるほどのものすごい量の花粉が空中に放出され,それこそとても悲惨な目に合うような一日でした.

庄司寛/庄司寛建築設計事務所



by npo-iezukurinokai | 2019-03-17 08:05 | 庄司 寛 | Comments(0)

無双付框引込戸

2世帯住宅の2階階段ホールと2階居間を仕切る引き戸

冬も1階にある薪ストーブと太陽集熱ソーラーそよ風の暖気を2階へ循環させるために開けておくことが多い

そんなお宅に二匹の飼い猫がやってきました

以前飼っていた猫は土地勘があり外へ出ても戻ってきたが、今回は迷い猫を譲り受けたので脱走防止のため2階だけで飼うことに、しかし彼らは引き戸も開けてしまうと言うことで、、、

通風しながら鍵もかけられて必要な時は風除扉にもなる建具を考えました

使い勝手がよく階段ホールトップライトから入る格子越しの光も居間から綺麗と好評のようです

d0021969_09252955.jpg

赤沼修/赤沼修設計事務所


by npo-iezukurinokai | 2019-03-09 23:35 | 赤沼 修 | Comments(0)

建築・建材展2019

建築・建材展2019に行ってきました。
東京ビッグサイトで、2019年3月5日(火)~8日(金)開催です。
https://messe.nikkei.co.jp/ac/

大手メーカーや大手ブランドのブースで
気になっていた商品のサンプルを触って商品の仕様を質問するのも楽しいですし

普段は情報として引っ掛かりづらい、小さなメーカーの個性的な商品や
新しい工法を端からチェックしていくのも興味深いです。

この展示会では、地方の産業振興組織が
いくつか地元企業を、まとめた場所でブースを出しています。
(今回は、高知・愛媛・鳥取・愛知県、等)

気になった建材の質問をするのにスタッフの方に話しかけたら、
なんと社長さんでした。
その建材や開発経緯について丁寧に説明してくださいました。

作り手との距離がより近くに感じられた一日でした。

d0021969_11541927.jpg

by npo-iezukurinokai | 2019-03-07 11:00 | 田代 敦久 | Comments(0)

えいっえいっえいっ!

3月4日に市ヶ谷に居るのは田中ナオミ です。
ここのところ地鎮祭が続くめでたい日々です。
でね…地鎮祭(神社の式典)ってご存知ですか?
産土の神様(土地を守ってくれる神様)に
工事の安全+住み手の平穏繁栄なんかを
どうぞ宜しくっていう祈願のセレモニーでありますが
その際に
設計者は鎌を持って 住み手は鍬を持って 作り手は鋤を持って
それぞれ前に出て「えいっえいっえいっ!」って演じるのです。
(余談:これが何回やっても少々小っ恥ずかしい…)
その掛け声は「えい=栄」であることを今回初めて知った。
「栄っ栄っ栄っ」だったのだ。へぇ~
d0021969_14322242.jpg
私のBlogも見てくださいまし



by npo-iezukurinokai | 2019-03-04 06:00 | 田中 ナオミ | Comments(0)

鳥の目で見る

d0021969_13433503.jpg

久しぶりに事務所で起伏のある敷地模型を作りました。厚みのあるボードを等高線状に積む模型をコンタ模型と言います。コンタ(contour)とは等高線という意味、、、コンタという言葉、学生時代に自然に覚えたので、意味も気にせず使っていました。チコちゃんに怒られそうですが。自分たちで作ってもちょっとワクワクしてしまうのが、模型ってもので。。。
事務所のひとことブログもよろしければ覗いてみて下さい。

by npo-iezukurinokai | 2019-03-01 13:54 | Comments(0)