人気ブログランキング |
ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

<   2020年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

本日の係は田中ナオミです

本日11月19日の住宅相談の係は田中ナオミです。
唐突ですが
柚子と柚香(ゆこう)とすだちの違いって分かります?
私は徳島で育ったのですが柑橘パラダイスでして
多分…地元の人はみんな分かっちゃうと思う。
香りの柚子酸味のすだち味のゆこうと言われていて
夫々 みんな素晴らしく良いのですが微妙に違う。
私はなんだかんだと言いながら(誰が言ってんだ 笑)
すだちが一番上品で洗練度が高いと珍重してます。
東京では数個で幾らって効果なものですが
徳島では捕り手も無くて放置されてる木も多く
何処の家でも山盛り在庫があって
挙句にジャアジャア絞っちゃってお酢として使う贅沢三昧。
かく言う私も箱でモリモリ送ってもらって絞ります。
本日の係は田中ナオミです_d0021969_14492500.jpg
本日の係は田中ナオミです_d0021969_14540504.jpg
今日は私のBlogも覗いてくださいましね。


by npo-iezukurinokai | 2020-11-19 06:00 | 田中 ナオミ | Comments(0)

なかなか綺麗でしょ

なかなか綺麗でしょ_d0021969_10491188.jpg
ゴルフ場のある景色


先日小学校以来の友人とゴルフに行ってきました。
ゴルフはこのコロナの状況下で友人と楽しめる数少ない機会です。
11月はまだギリギリ芝も蒼く気候も暑くも寒くもなくて
ゴルフには絶好の季節だと思います。
当日も朝は長袖を羽織っていましたがプレーが始まると
半袖でちょうど良い気温でした。

コロナの影響は様々なところに出ていますがゴルフも
その影響を受けています。
日本ではハーフといって(知ってる人には無駄な文)9ホール
まわって昼を食べ、後半また9ホールを回ります。
でも世界的に見れば少数派で、
多くは18ホール一度に回ってしまいます。
そのほうが時間も短くて、プレーの途切れないので
同じ感覚でプレーできる気がします。
日本でも今年一時期はその方法でまわれるゴルフ場も
出ましたがまた今まで通りに戻ってしまいました。
それが少し残念です。折角世界基準になれたのに・・・

田代 敦久 / 田代計画設計工房

by npo-iezukurinokai | 2020-11-16 11:00 | 田代 敦久 | Comments(0)

秋晴れの地鎮祭

庄司寛建築設計事務所の庄司です.

コロナ禍を忘れてしまいそうな抜けるような高い秋空の下で,地鎮祭を執り行いました.

秋晴れの地鎮祭_d0021969_09535614.jpg
秋晴れの地鎮祭_d0021969_09550735.jpg

庄司寛/庄司寛建築設計事務所




by npo-iezukurinokai | 2020-11-14 09:59 | 庄司 寛 | Comments(0)

新しい場所が生まれる

2020.11.3
今日は文化の日ですね。
すっかり秋も深まって、だんだん日も短くなってきました。
昨日窓口当番だったので、ブログを更新しようと思います。
市ヶ谷へ向かう電車の中は、休日と祝日の中日だということもあってあまり人も多くなく、のんびりとした雰囲気が漂っていました。
ただ、全員マスクを着けている事だけが、今までとは違った風景です。これが定着していくのでしょうか。

コロナ禍という状況の中、地元に「新しい場所が生まれる」という活気あるニュースがありました。
今年の8月にプレオープンしていましたが、来る11月6日にいよいよ全館オープンします。
ミュージアム・イベント・ホテル・レストラン・書店・オフィス・神社と多用途の施設群です。
プレオープン期間にあたる先日、建物見学と展示会を観に行ってきました。

JR東所沢駅側からあるいてくると、こんな風景が住宅街の中で突然現れます。
新しい場所が生まれる_d0021969_23134648.jpg
右手にある建物が角川武蔵野ミュージアム(以下ミュージアム)、左手にある建物が武蔵野坐令和神社です。華奢な鳥居、赤い旗にはマンガの名前がずらり。奥にオフィスが見えます。

ミュージアムでは、プレオープンと同時に企画されたこちらの展示(2020/8/01-10-15)が開催されていました。

今回の設計の主旨や、ミュージアムを何故「石」の建築にしたか等の説明がわかりやすく展示されていました。
大地の中からうねりあがってきた岩をイメージしているそうで、花崗岩でくみ上げられています。
使われた石の板材は約2万枚、重さ約1200トン。実物の石の板材の展示もありました。
そして展示自体、ソーシャルディスタンスを意識したものになっていました。
完全予約制というだけでなく、文字が大きくて集まってみなくても良いような工夫がありました。

そして、プレオープン時には未公開エリアだった、「本棚劇場」に行ける人数限定のツアーがあり
運よくチケットが取れたので見に行ってきました。

ここは蔵書を展示しながら保管する場所だそうです。
なかなかユニークなつくりと構成となっていました。

新しい場所が生まれる_d0021969_23310409.jpg
この時はまだ準備中のため、棚にはまだ本が並んでいない状態でした。

全館オープン後の展示も色々と企画されているようです。

また、施設の続きにある東所沢公園内に武蔵野樹林パークという憩いの場所が出来て
夜になるとチームラボのあかりが灯ります。

新しい場所が生まれる_d0021969_23472818.jpg
公園の照明計画も、グレアを感じない工夫があって良かったです。
一日楽しめます。どうぞ、是非お出かけください。




by npo-iezukurinokai | 2020-11-03 18:00 | 太田 陽貴 | Comments(0)