ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

自由に。楽しむ

後藤です。

昨日、家づくりの会の教育部門??「家づくり学校」2年生講義にて
左官を体験してきましたd0021969_09352720.jpg
















土壁に自分オリジナルの材料を入れて
自分の壁をつくる!
というテーマにて
長い歴史ある素材「土壁」では
〇〇産の土だとか
大きさ〇〇ミリの石だとか
ワラだとか色々な素材を混ぜて表情をつくるのですが

今回は、そんな基本や歴史に囚われず
自分で「考えて」「自由に」やってみる!というなか、なんと
食材を入れる人
金属を入れる人
花を入れる人
おもちゃを入れる人
芳香剤を入れる人
そしてなんと!!カレー粉を入れる人
などなど、20数名で
みんな「自由に」やっている姿は
日が暮れるまで、盛り上がって、盛り上がって
すごいパワーの塊で
みんな、日々の家づくりに活かしたくなりまして

こうやって
自分で考えて
自分の好きな
そして何より
歴史や常識を超えて、なにもかも自由。という世界が
本当の家づくりなんだなぁ~~とワクワクする1日になりました

後藤たかし/後藤建築設計


[PR]
# by npo-iezukurinokai | 2018-10-21 09:00 | 後藤 孝 | Comments(0)

ソファ上の季節の風景

我が家のソファーに朝日が差し込んで綺麗でした!

d0021969_11252477.jpg

ちょうど今頃(春と秋)ブラインドの隙間から
朝日が差し込んでこのように綺麗な縞模様が見られます。
何気ない普段の景色にも季節の移ろいが感じられ
月日が過ぎるのを感じます。

我が家は都市計画で言う商業地域にあり
周りは高層のマンションだらけですが
幸いうちの南側が今も2階建ての住宅で
冬でも太陽光が差し込んでいます。
でもいつまで続くか・・・・


[PR]
# by npo-iezukurinokai | 2018-10-15 11:00 | 田代 敦久 | Comments(0)

食洗機のこと

自宅の食洗機が故障していたため、思い切って修理を依頼しました。


d0021969_20213734.jpg
我が家は築10年。
これまでに食洗機を使用した回数は、おそらく20回くらい・・・?

あれほど悩んで設置したものの、妻は手洗いの方が性に合っているようで年に2度ほどの使用にとどまりました。

ですから、修理を悩んだのです。

(使っても、使わなくても、設備機器の寿命はやはり10〜15年位ですよね。)



d0021969_20213930.jpg

10年ぶりに引っ張り出します。

底面はこんなに複雑なのですね〜




d0021969_20214302.jpg

修理完了!!






[PR]
# by npo-iezukurinokai | 2018-10-12 20:30 | 丹羽 修 | Comments(0)

安曇野スタイル2018が開催されます

皆さんこんにちは

今日は私のofficeがある長野県安曇野市を中心に、11月に開催される、安曇野スタイルについてお知らせしたいと思います。
安曇野スタイルは「安曇野の魅力を伝えたい」そんな思いを持つ6人の女性から始まったそうです。
開催期間中は是非「信州・安曇野」にお越し頂き、安曇野のアート・クラフト・食・暮らし・自然、そして個性的な参加者と触れ合いながら心豊かなひとときをお過ごし下さい。

開催期間:2018/11/1〜11/4
開催エリア:安曇野市・池田町・松川村周辺
ガイドブック入手について:郵送の場合
             PDFはこちら
             開催エリア内で入手

d0021969_16482421.jpg

[PR]
# by npo-iezukurinokai | 2018-10-02 17:06 | 山下 和希 | Comments(0)

藤村龍至展

庄司寛建築設計事務所の庄司です.
明日(9/30)まで,乃木坂の”Galleryで開催されている「藤村龍至展 / ちのかたち」を視察してきました.

d0021969_05581881.jpg
d0021969_05591708.jpg

…膨大な模型郡の中に,かたちの収束へのプロセスと濃密な建築への強い思いを感じることができました.


庄司寛/庄司寛建築設計事務所




[PR]
# by npo-iezukurinokai | 2018-09-29 06:01 | 庄司 寛 | Comments(0)

またまたDEEPな荒川で

28日友引 金曜日 市ヶ谷のギャラリーに
11時~14時まで居るのは田中ナオミです。
またまたDEEPな荒川で展示+相談会やります。
最寄の駅は北千住か西新井か扇大橋でありまして
其処からバスに乗れってことになってますが
私のお奨めは「歩く」。
はい、DEEPな下町の商店街を散歩してみてください。
楽しいのだ。コッペパン屋も焼きそば屋もあったりして…。
そんで最終的に辿り着いたこの建物も楽しいのだ。
お天気ならいいなあ。
d0021969_14171490.jpg
本日 私のBlogもご覧いただけるとうれしい。



誰が何日に居るか
[PR]
# by npo-iezukurinokai | 2018-09-28 06:00 | 田中 ナオミ | Comments(0)

今掲載されている雑誌

「日本美邸」という雑誌が創刊され、その記念すべき創刊1号の表紙に長野県で建てた「森の中の森の家」が掲載されています。 価格:¥ 1,944(2018/09/21 19:11時点)
 出版日:2018/07/30
 雑誌ページ
 ISBN-10
 ISBN-134910061500981
 出版社:株式会社風土社


「和風住宅」という雑誌に軽井沢で建てた「佇々浅間ちょちょせんげん」という住宅が載っています。
自分では和風とは思ってないのですが・・・。
 価格:¥ 3,240(2018/09/21 19:11時点)
 出版日:2018/07/30
 ムック244ページ
 ISBN-10486527085X
 ISBN-139784865270853
 出版社:新建新聞社


泉 幸甫/泉幸甫建築研究所

[PR]
# by npo-iezukurinokai | 2018-09-22 16:09 | 泉 幸甫 | Comments(0)

鳥足のテーブル

テーブルをデザインするときに気を遣うことの一つは、テーブルの脚が邪魔にならないようにすること。
そのために長方形のテーブルであれば脚を天板の最も四隅に寄せると、脚が邪魔にならず、座ったときに最も広く使える。
しかし座るまでに脚に足が引っ掛かり、じゃまになりやすい。
そこでよく使われるのが中華料理屋の丸テーブルのように、中央にスチールの一本足を立てたテーブル。
しかしそれは天板が厚くて重かったり、また細長かったりすると倒れやすい。
そこで考えたのが写真のようなテーブル。
これだと座るときに気兼ねせずに足を入れることができ、また沢山の人が座ることができる。


テーブルを作るときにいつもお願いしている古市さんと相談しながらデザインをしたものです。
写真のテーブルを支えてくれているのが古市さん。


泉 幸甫/泉幸甫建築研究所


[PR]
# by npo-iezukurinokai | 2018-09-22 15:55 | 泉 幸甫 | Comments(0)