ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

コストと性能

これは私にとって非常に大きなテーマです。このバランスは設計者によって様々です。ここに当然、意匠性・デザインも入って来ますよね。まあ、ややこしくなるのでデザインは置いといて・・・。

よく「坪いくらですか?」って聞かれます。一瞬、考え込んで、いろいろ言い訳をしながら坪60万円とか、70万円とか言います。安いハウスメーカーが坪30万円とか40万円って言っている時に、この差をしっかり説明するのは結構大変です。

時間軸を取り入れ、通常20年で壊してしまう家を、50年以上持たすので、結果的に安上がりです。こんな答えもあります。でも、このくらいじゃ納得してもらえませんね。

そこで性能が出て来ます。性能と言っても、先ずはランニングコスト。造って安くても、維持費がたくさん掛かってしまってはNGです。耐久性も確かに必要です。メンテナンスフリー・・・これも大切ですね。そして、省エネ住宅。エネルギーを消費しなければ、ローン返済中も、育児期間も楽ですよね。でも、快適でなければNGですよね。

そこで、いつもの手?として、外断熱でしっかり断熱した家で、太陽熱利用をします。太陽熱利用の予算が取れない時は、ちょっとした工夫の換気システムを取り入れ、家中の温度を快適で均一化し、エネルギーを消費しないようにします。これは予算が十分有っても、ローコストでも同じようにします。

安い家が出来ても、快適でなく、楽しくもないのでは、家づくりに成功したとは言えませんね。また、安全性も大切です。子育てをするにも、そうでなくお年寄りにも、自分たちにも安全な家にしたいですね。落下防止・・・なんて話しじゃなく、シックハウスなど、家に使われる素材や薬品の話しです。

最近ではフォースターなんて言葉が、アチコチで聞かれますが、安全な建材が十分に出回っています。でも、まだまだ注意も必要です。この辺りは、建て主ではガードしきれないでしょう。設計者、施工者がしっかり勉強し、管理しないと安全な家は出来ませんね。そのような事にも注意を払いながら、コストも抑える・・・これが結構大変なんです。

こんな事をしていると、坪単価も下がりません。でも、費用対効果?では、非常にリーズナブルになっていると思っています。単純に坪いくらが言えない理由がこんなところにあります。つまり、価値観を共有しないと説得出来ないんです。

同じように県産材利用もなかなか説得力がありません。環境や産業、生活・・・そんな話しをしないと、安いとか性能が・・・なんて話しでは説得出来ないんです。でも、良い事だし、しなければならない事です。いろいろな味付けをして、建て主さんに木の良さ、地元の木を使う事の大切さを知って頂き、そんな家づくりを進めています。

建築家がデザイナーや技術者・・・だけではない一面を持っていることに気付いて頂けると思います。

この日記を書いた人
  →NPO法人 家づくりの会所属建築家 マツザワ設計/松澤静男

コメント・ご質問等はこちらの掲示板へどうぞ
→http://www.npo-iezukurinokai.net/cgi-bin/hanasou/clipboy.cgi
[PR]
# by npo-iezukurinokai | 2005-06-28 06:46

作る楽しさ

d0021969_6391766.jpgこれは建て主が左官工事をしているところです。確かにやってみたくて・・・もあるのですが、一番の目的はコストダウンです。

ただ、左官工事はなかなか難しくて、左官屋さんが指導するので、コストダウンにはなっていないような気がします。どちらかというと、塗装工事の方が施主施工でコストダウンになりますね。ワトコ、オスモ、リボス・・・なんかを自分で塗ってもらっています。

塗料はうちか?工務店が手配して、邪魔にならないところをお任せしています。住み始めてからも、まだ塗装を続けている方もいます。早い人は友達呼んで2日くらいで終らせるのですが・・・ね。

コストダウンも確かに魅力ですが、実はもっとよい効果が現れます。自分も工事に参加する事で、仕事の苦労が分り、つまらないクレームは無くなります。仲間意識が出来るのでしょうかね?そして、満足感を得られるようです。

今日の日記を書いた人
  →NPO法人 家づくりの会所属建築家 マツザワ設計/松澤静男

コメント・ご質問等はこちらの掲示板へどうぞ
→http://www.npo-iezukurinokai.net/cgi-bin/hanasou/clipboy.cgi
[PR]
# by npo-iezukurinokai | 2005-06-27 06:39

雑木(広葉樹)利用 1

d0021969_6485487.jpg
もう広葉樹(雑木)を使い始めて、随分経ちます。初めの頃はかわいらしく、棚や框(かまち)、床柱なんかに使っていましたが、段々エスカレートし、階段板、大黒柱、梁(はり)、テーブル、椅子・・・と何でも使うようになって来ました。

その背景には入手ルートが出来て、広がった事が大きく、またその仲間が本当に木が好きなのでこんなにまで、なってしまいました。いろいろ失敗も苦労も有ります。今でも大きなリスクを背負って取組んでいます、自分だけでは背負えませんので、建て主さんにも、施工者にも少しづつ負担してもらっています。もちろん、リスクを!でも、それ以上にすばらしいものを得ています。

家づくりの会の建て主さんでしたが、3階建ての2世帯住宅を造った時に、その階段を全て広葉樹のきれいな木で作った事が有りますが、それ以来、階段は原則広葉樹にしています。とはいっても、なかなか手に入りませんし、歩く場所なので、危険を伴ってはいけませんので、最近はストックされている栗の板が多くなっています。栗はなかなかきれいで良い木です。硬いのですが、温かいんです。

写真はケヤキの枝です。中に洞があるものを探して、パソコンデスクにしました。これでも枝なんです。ちょっと目立ち過ぎですね。
[PR]
# by npo-iezukurinokai | 2005-06-26 06:49

雑木(広葉樹)利用 2

d0021969_6475730.jpg
これは良くある、私の設計した家の風景?です。漆喰に県産材の杉で柱と梁、そしてその中に広葉樹!!

今日の日記を書いた人
  →NPO法人 家づくりの会所属建築家 マツザワ設計/松澤静男

コメント・ご質問等はこちらの掲示板へどうぞ
→http://www.npo-iezukurinokai.net/cgi-bin/hanasou/clipboy.cgi
[PR]
# by npo-iezukurinokai | 2005-06-26 06:48

ガルバリウム鋼板の外壁材 その2

何で?ガルバを使っているか?

この「イイヤネ」という商品はアキレスというウレタン系の断熱材などを作っている会社の屋根材なんです。もともと10年近く前に「トリトン」という豚鳥などの畜舎の屋根材を使った事から、話しは始まります。

銀色の安く、性能が良い、外断熱の外壁材として目を付けました。いろいろ問題も持っていますが、とにかく耐久性、断熱性、経済性、意匠性などを考えて選択しました。

その頃は住宅用にはメーカーも考えていなかった様ですが、いろいろ意見交換もしながら、今のような「イイヤネ」が出て来ました。シルバーだけではなく、黒に近いグレーも魅力的です。

もう何十軒と造って参りましたが、毎回建て主に納得して頂くのには苦労します。出来てしまえば、結構若者からお年寄りまで喜んで頂けるのですが、最初はどうも「ブリキの家」「トタンの家」というイメージがあるようで、なかなかスンナリとは受け入れて頂けません。

でも、外断熱の外壁材に求められる軽さ(結構重要なんです。)を持っていて、高耐久で、ローコストで、メンテフリー?で、きれいで?、単純外断熱で・・・いい事ばかり、いっぱいあります。

そう言えば、これも随分前ですが、編成材という間伐材利用の集成材のようなものに取組んでいる時も、このイイヤネは結構、組合せが良く、使いました。55ミリの厚みの杉の編成材の板にこのイイヤネを打ち付けた、単純な外断熱の家を10軒は造りました。もっとかな??今でも、杉の30ミリの板に、防水紙を張って、イイヤネを留める・・・そんな家を造っています。非常にシンプルな外断熱が可能です。

それでも、このガルバが嫌で、モルタルで外断熱の家を造る事も10軒中2,3軒はあります。説得出来なかった場合と、元々の希望に合わせる為にモルタルに吹付け塗装をします。

先ほどの「軽い」には当てはまりませんので、かなりしっかりと構造躯体に留める必要があります。下地を工夫したり、長いビスを使ったりします。様々な外壁材で外断熱の家を造って来ましたが、やっぱり理にかなっているのはイイヤネのような軽い外壁材ですね。

そんな事で「黒い家」が最近多いんです。

今日の日記を書いた人
  →NPO法人 家づくりの会所属建築家 マツザワ設計/松澤静男

コメント・ご質問等はこちらの掲示板へどうぞ
→http://www.npo-iezukurinokai.net/cgi-bin/hanasou/clipboy.cgi
[PR]
# by npo-iezukurinokai | 2005-06-25 07:26

ガルバリウム鋼板の外壁材 その1

d0021969_6344513.jpg
写真の家はガルバリウム鋼板の外壁材の家です。この黒いガルバリウム・・・随分使っていますが、最終的にこれに決めて、使い続けている理由は「雨仕舞」「耐久性」「性能」「重量」「色?」・・・特に雨仕舞と耐久性に有効な納まりを持っているからなんです。

ガルバリウムにイソシアヌレート系の断熱材を裏打ちした物ですが、留め方に工夫があります。ビスや釘で留めるのですが、その部分が次の部材でカバーされ、表面に釘などが見えないのです。当然、きれいですが、それ以上に雨が漏らず、錆も出ず、なかなかなんです。

でも、施工は結構大変なんです。元々屋根用に開発された部材ですので、耐久性は壁に使えばより大きくなりますが、屋根と違って窓や換気扇など、いろいろな邪魔物が有って、施工は大変です。でも、気に入って使ってます。

ガルバって、建築家が結構好んで使いますが、いろいろ訳が有ります。コスト、性能、色・・・選ぶ理由は様々ですが、それなりに理由があり、それぞれ工夫して使っています。ただ真似をすると大怪我をする事も有りますので、注意して下さい。

今日の日記を書いた人
  →NPO法人 家づくりの会所属建築家 マツザワ設計/松澤静男

コメント・ご質問等はこちらの掲示板へどうぞ
→http://www.npo-iezukurinokai.net/cgi-bin/hanasou/clipboy.cgi
[PR]
# by npo-iezukurinokai | 2005-06-24 06:35

雨漏りについて

雨漏りについては、何か誤解があると困りますが、私の感じている範囲では、今までの建築では隙間で雨を止めていました。

今はコーキングなどのシール材で隙間を無くして、雨を止めています。昔はコーキングなんてありませんから、毛細管現象を防ぐ意味で、また入った雨が出るように、風が通るように?隙間を空けて雨を防いでいました。

何だか分りませんね。済みません、説明が上手く出来ませんが、例えばコロニアル葺という一般的な屋根材があります。瓦じゃない家は殆ど全てこれです。このスレートのような材料で出来た屋根材は、私の経験ではすぐに傷みます。補修をする為にペンキを塗るのですが、そうすると重なりの部分にペンキが入って、隙間が無くなり、毛細管現象が起き易くなります。当然、前より雨漏りがひどくなります。

鉄板や銅板の屋根も下手にその上を歩くと、潰れて、同じように毛細管現象で雨が入ってしまいます。逆に今の隙間を無くす工法も、コーキングの耐用年数が数年と短いので、時間が経つと亀裂が入ったり、はがれたりして隙間が出来、そこから毛細管現象で雨が浸入します。

結構、雨を止めるのは難しいのです。それも、隙間を空ける技術から、無くす技術に変化していますので、半端な施工は命取りになります。分らないでしょうけど、このような技術と経験の積み重ねの上に出来上がる住宅なんです。

今日の日記を書いた人
  →NPO法人 家づくりの会所属建築家 マツザワ設計/松澤静男

コメント・ご質問等はこちらの掲示板へどうぞ
→http://www.npo-iezukurinokai.net/cgi-bin/hanasou/clipboy.cgi
[PR]
# by npo-iezukurinokai | 2005-06-23 06:11

Q & A 雨漏りについて

Q:現在、実家の両親と二世帯住宅を建てるべく、某工務店と設計の打ち合わせを進めています。
先日、担当の設計士さんから、木造住宅の雨漏りはめずらしくないという話を聞き、不安になってしまいました。

松澤さんの思いに反する質問で恐縮ですが、木造住宅は雨漏りしやすいのでしょうか?どう対処したらよいのか、教えて下さい。よろしくお願いします。

A:雨漏りは当たり前?? 
雨漏りは法律で10年補償になりましたよね。でも、工務店の設計士さん?の言っている意味は、雨漏りがする事は有っても、そんなに心配要らないよ・・・という意味かな?って思います。

確かに昔のように(ご存知か分りませんが)天井からポタポタ雨が漏って、洗面器や食器が家中に置かれる・・・なんて風景は無くなりましたが、壁の中やサッシの周りなど見えない雨漏りは結構あります。

また、台風の時など雨が下から上に降ったりもしますので、思わぬところから雨が漏ったりもします。細かく説明するにはお会いしないと難しいのですが、壁の中などに雨が入っても、出て行くような造りになってる場合が多いので、逆に下から入ってしまう?なんて事もあります。

家を造る時に隙間を無くす事もしますが、逆に隙間を開けて雨水を逃がしたり、壁体内の湿気を出したりもします。・・・話しが分らなくなりましたね?このように雨漏りの可能性はいろいろありますが、致命傷にならないように、施工者も設計者も工夫しています。雨漏りは許されるものではありませんが、確かによくあります。木造に限らず鉄骨造でも。

珍しくない雨漏りでも、しっかり修復する事は必要ですし、その雨漏りで家の耐久性や性能に影響が有ってはなりません。その設計士さんが正直な方なのか?言い訳してるのか?分りませんが、もう一度良く話を聞いて下さい。雨漏り対策についてしっかり話しが出来ないようなら、ちょっと心配です。

私達建築関係者は、いろいろな経験を積みながら、細かな納まり(作り)を決めています。決して、絶対に雨漏りはしません!とは言えませんが、そのように努力しています。工務店なら板金業者との付き合いの中で、いろいろ工務店独自の納まり(作り)を研究していると思います。聞いてみて下さい。屋根の端部(あらゆる隅っこ)、屋根と壁の継ぎ目、サッシと壁など、違った物の接点で、雨の当たる所は全て注意箇所です。

私も雨は漏ります・・・って言います。でも、漏らないようにいつも研究?しています。でも、目に見える雨漏りは台風以外では無いようにしたいですね。目に見えない雨漏りは、実は建物の構造や性能に大きな影響を与える可能性がありますので、雨が入っても出て行くような、2重3重の安全策が必要だと思っています。

説明になっていませんが、納得いくまで話を聞いてみて下さい。説明が出来ないようなら、担当を代えてもらいましょう。不信感を持ったままの家づくりは、お互いに良い事が有りませんので・・・。

今日の質問の答えを書いた人
  →NPO法人 家づくりの会所属建築家 マツザワ設計/松澤静男

コメント・ご質問等はこちらの掲示板へどうぞ
→http://www.npo-iezukurinokai.net/cgi-bin/hanasou/clipboy.cgi
[PR]
# by npo-iezukurinokai | 2005-06-22 07:51