ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

イタリア?

東京は目白にある拙作、Apartment鶉(じゅん)の裏口の写真です。

裏口は建物の下を潜り抜けられるようになっている。
こういう風景はあまり日本では見受けられないが、世界中、至る所にある。
イタリア、アッシジ。

日本でも見たことがある。
伊勢の麻吉旅館の渡り廊下。

日本の建築基準法では基本的に道路の上に建物を作ることができない。
apartment鶉のトンネルは道路でないからだ。


泉 幸甫/泉幸甫建築研究所


# by npo-iezukurinokai | 2019-01-31 13:49 | 泉 幸甫 | Comments(0)

虚飾のない石鹸

石鹸と言えばマルセイユ石鹸。
いつ頃から使い始めたのかよく覚えてないが、ずっとマルセイユ石鹸。
天然のオリーブ油とパーム油からできているらしく、使っていて自然素材からできているのを実感する。。
マルセイユ石鹸と言ってもいろいろあるようだけど、マリウスファーブル社のビッグバーというでっかい石鹸で、長さが40センチ近くもある。

こんなにでっかいと当然使えないので、切って使う。
切るのはワイアーでクルッと捲いて引っ張る。
これだけ大きい石鹸だから1年に1本くらいで足りていると思うけど、
年に一度の、面倒くさいようで結構楽しい行事になっている。

全体で21に分割する。
人によって切り方は様々だと思うけど、
これが昔から日本にある石鹸の大きさに近く、使いやすい。

ところでこの石鹸高い。
木箱入りというのもあって1万円くらいする。
段ボール箱入りだと8000円くらいで、21分割しているので一個380円。
石鹸の値段は本当にいろいろのようで、
普通の石鹸だと100円くらいじゃないかと思うが、
高いのだと1000円位のもあったりするようだ。
この石鹸が高いのか安いのかわからないが、
虚飾のない、品のある建築のようだ。


泉 幸甫/泉幸甫建築研究所


# by npo-iezukurinokai | 2019-01-31 13:46 | 泉 幸甫 | Comments(0)

マーマレード

d0021969_21011907.jpg

d0021969_20574092.jpg
今年の夏みかんは粒が大きい。久しぶりの休日にマーマレードをつくりました。少し苦みがあってとっても美味しい。低温でじっくり煮るのがきれいな色を出すコツです。


# by npo-iezukurinokai | 2019-01-28 21:05 | 半田 雅俊 | Comments(0)

ある冬の日曜日

昨日は午前中に地鎮祭に出席し、午後から市ヶ谷へ。
久しぶりにJRを使うと、ホームから見える「釣り堀」がまるで桃源郷のよう。。。(ちょっと大げさですが。)超寒い日でしたが、大都会のど真ん中で「釣り」いいですね〜。

# by npo-iezukurinokai | 2019-01-28 15:54 | Comments(0)

東京カテドラル教会

庄司寛建築設計事務所の庄司です.


先日,目白のホテル椿山荘に行った際に少し時間があったので久しぶりに“東京カテドラル教会” へ…やはり素晴らしい建築です.

d0021969_07174291.jpg

d0021969_07171006.jpg

この建築の僕が好きなベストアングル×2カットです.


庄司寛/庄司寛建築設計事務所



# by npo-iezukurinokai | 2019-01-18 07:25 | 庄司 寛 | Comments(0)

日本のお城

d0021969_12133778.jpg


さてこの美しい城は何処のお城でしょうか?

実は和歌山城なんです。丁度夕暮れ時のライトアップされた素晴らしい景色が撮れました。

周囲は掘りに囲まれて、内側は市民に愛されている

公園になっています。次の朝沢山の方々が散歩やジョギングをしているのを見ることができました。

有名なお城は沢山ありますが、

意外な(と言ったら和歌山の人に怒られるかな)所でも

こんな素晴らしい風景と出会るんですね。 日本凄い👍


田代 敦久 / 田代計画設計工房


# by npo-iezukurinokai | 2019-01-10 11:00 | 田代 敦久 | Comments(0)

「移住のための住まいの相談」その名も『 IJU+ 』

皆さんこんにちは!
本日の窓口当番はアトリエ・アースワーク/山下和希です。

毎朝が氷点下の長野県安曇野市から今日も東京市ヶ谷の事務局にやって来ました。
中央道を新宿に向けて走る高速バスの車窓からは富士山が見えました。
安曇野に移住し、毎日北アルプスの山々を眺めながら暮らしている私ですが、富士山はいつ見ても「おお!富士山が見えている!」と感動します。
d0021969_15213093.jpg
車窓から見えた富士山
d0021969_15250640.jpg
我が家のリビングから望む北アルプス常念岳(2,857m)


さて、私はこの「NPO法人 家づくりの会」のメンバーとして活動させていただいていますが、
『今の住まいから他地域へ移住し、暮らしてゆくための家づくりをしよう!』と考えている皆さんの相談窓口として設けた新たなグループ『 IJU+ 』(そのままいじゅうプラスと読んでください)のメンバーとしても活動しています。

昨年活動を開始し、10月から毎月一回「移住」や「まちづくり」にまつわることをもっと知ろう!と各地を訪ねています。
12月は私と家内が中心となり開催した「FBグループ 信州移住ヨモヤマバナシ/初めての交流会(すみません。FBアカウントがなければ見れません)」にメンバーの萱沼宏記さん(山梨県出身)伊澤淳子さん(千葉県出身)とともに参加しました。
北アルプスをはじめとする山岳、自然や暮らしに魅力を感じ、各地から移住する人が多い長野県。移住先はそれぞれの移住目的によって多岐に渡ります。
今回の交流会参加者は長野県内各地から44名が参加し、「移住の目的」「移住のプロセス」「移住した感想」「これからのこと」などを和気藹々と話しました。

農業に魅力を感じて移住した人。信州の豊かな自然の中で子育てをしたいと移住した人。都内へ新幹線通勤している人。とにかく信州で暮らしたいと転職をし会社勤めをしている人。私のように2拠点生活を続けている人。
移住後の住居も、賃貸住宅で暮らす人、中古住宅を購入した人、一戸建て賃貸住宅で暮らす人、住宅を新築した人。それはそれは様々です。

みなさんとお話をし、どなたも前向きに楽しみながら移住後の暮らしを送っていることを嬉しく思いました。

d0021969_15024499.jpg
終了間際の撮影のため、途中退席された方、写っていなくてすみません。
d0021969_15023790.jpg
20歳代から80歳代まで活発に交流が行われました

今回は長野県への移住のお話でしたが、『今の住まいから他の地域へ移住し、暮らしてゆくための家づくりをしよう!』と考えている方、私たち『 IJU+ 』にご相談ください。



FBグループ 信州移住ヨモヤマバナシの参加メンバーは現在124人、ただの移住者の集まりではなく、移住を考えている人、地元の人も交えそれぞれが繋がり各々のキャリアを以ってして「何かできるのではないか?」と考えています。「一緒に大豆栽培やりましょう!」「干し柿作りましょう!」「スキーに行きましょう!」「飲み会やりましょう!」「薪割り会をやりましょう!」「〇〇いりませんか?」など活動が盛んに行われています。




# by npo-iezukurinokai | 2019-01-08 15:52 | 山下 和希 | Comments(0)

ARTと暮らす

本日市ヶ谷に
AM11時~PB14時まで居るのは田中ナオミです。
「川上和生さん」の絵がうちの仲間になった。
川上さんの絵は
朝日新聞で連載している重松清氏「ひこばえ」の挿絵や
JALの機内誌の浅田次郎氏のエッセイの挿絵で
ご存知の方も多いと思うけれどダイスキなのだ。
温かくて柔らかくてちょっと昭和の空気が漂う。
思い切って唐突に連絡してみたのだ。(オバチャンだもの)
そしたら「快諾」でお好きな絵を譲りますって。
わたしは「手」の絵を集めて居るので
探して探して…「保存食の絵本」からみつけた!
「しめ鯖のさばき方」笑
川上さんも以外だったようで…でも嬉しい。ヤッホー。
ARTと暮らすって毎日が豊かになるのだ。
設計者も同じでハードルは決して高くないっ!
ジャンジャンコンタクトとって突撃すべし。
わたしのBlogも更新してます、どーぞ。
d0021969_12430026.jpg
d0021969_12431294.jpg
d0021969_12432559.jpg
d0021969_12433612.jpg

# by npo-iezukurinokai | 2018-12-03 06:00 | 田中 ナオミ | Comments(0)