人気ブログランキング |
ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

フラクタルどおりの枝

裏路地を歩いていたら、このような枝が。

フラクタルどおりの枝_d0021969_13495399.jpg

完璧なまでにフラクタルな枝ぶりですね。


泉 幸甫/泉幸甫建築研究所


# by npo-iezukurinokai | 2019-12-13 13:54 | 泉 幸甫 | Comments(0)

Apartment藤 Ⅱ

先日紹介したApartment藤(Fuji)の構造模型です。

Apartment藤 Ⅱ_d0021969_13494979.jpg

木造で作るときは、何時も写真のような構造模型を作る。

材料はスチレンボードで、柱や梁の大きさに切って組み立てる。

このような構造模型を作ると、合理的な組み立て方を考えやすい。

ところで、この建物は、真ん中に中庭がある木造3階建ての集合住宅だけど、中庭には、コンクリートにキラキラと輝く美しいモザイクタイルを張った流しを作る予定。

模型の柱や梁の間の先に、そのような風景を想像しています。


泉 幸甫/泉幸甫建築研究所


# by npo-iezukurinokai | 2019-12-13 13:51 | 泉 幸甫 | Comments(0)

設計中! Apartment Fuji

池袋の駅近くに木造3階建ての集合住宅を設計中です。

地下鉄副都心線、池袋駅を出て、歩いて3~4分くらいの、超駅近。

この集合住宅のゲートをくぐると、建物に囲まれた、3層吹き抜けの中庭があります。

この中庭に面して、各階の廊下や階段があります。

だから、居住者は皆、この中庭を通って各住戸に入ります。

かつて、中国の街中にある四合院住宅で、一歩建物に入ると、静寂な中庭があったのが忘れられない。

その四合院住宅の中庭は、そう広くはなくはなかったが、3層分の高さの吹き抜けから光が落ちていた。

だから仄暗い明るさで、それがかえって中庭に親密感を漂わせていた。

計画している建物の中庭を下から見上げたところです。

設計中! Apartment Fuji_d0021969_13432123.jpg

外観です。

設計中! Apartment Fuji_d0021969_13433265.jpg

完成は来年暮。

入居募集が始まったら、またこのブログにアップします。


泉 幸甫/泉幸甫建築研究所


# by npo-iezukurinokai | 2019-12-13 13:44 | 泉 幸甫 | Comments(0)

ADVVT展

庄司寛建築設計事務所の庄司です.

先日まで“Gallery間”で開催されていた「ADVVT / アーキテクテン・デ・ヴィルダー・ヴィンク・タユー展」…

ADVVT展_d0021969_06180436.jpg
ADVVT展_d0021969_06183254.jpg

建築単体のデザインのみならず,建築のあり方やその中に存する振る舞いを探求する姿勢を感じることができた展覧会でした.





# by npo-iezukurinokai | 2019-12-09 06:24 | 庄司 寛 | Comments(0)

大嘗宮見学

今日は一段と冷え込み、冬本番といった感じがしました。
先週、皇居東御苑に大嘗宮の見学に行ってきました。乾通りの参観も始まる前日に行ったので、混雑はしていたものの途中で立ち止まらずにスムーズに見学することが出来ました。
大嘗宮見学_d0021969_18210886.jpg
坂下門から入り、宮殿の玄関をチラッと見ながら宮内庁前を通過し、東御苑内に入り大嘗宮の見学へと進みました。元々大奥跡地の芝生広場が建設地となっており、広く見渡すことが出来ました。
大嘗宮見学_d0021969_18210853.jpg
大小様々な大きさの建物の屋根が重なりが美しく、奥に見える大手町のビル群を背景にしてタイムスリップしたかのような光景でした。
大嘗宮見学_d0021969_18210838.jpg
柱・梁には皮付きの木材が使われるなどしていましたが、どの建物も仮設とは思えない素晴らしい完成度で、壊してしまうのが惜しい気持ちもしました。日本にはまだまだ素晴らしい技術を持った方々がたくさんいらっしゃることも分かり、次の代へと技術が継承されていくことを望むばかりです。

工藤夕佳/mokki設計室
# by npo-iezukurinokai | 2019-12-07 18:49 | 工藤 夕佳 | Comments(0)

台風19号

台風19号によって関東地方にも大きな被害が出ました。

被災された方には少しでも早い回復をお祈りいたします。

私が住む川崎市でも大きな被害が出ました。

川崎市民ミュージアムの地下に保存されていた

数々の美術品が水没してしまいましたし、

一般住宅や店舗・工場などが床上浸水ししばらくは

使うことが出来ませんでした。

(ミュージアムはハザードマップで浸水が予想されていたにも

 関わらず地下に保存室が計画されていた事に大きな疑問が

 提示されています ちなみに設計は菊竹さんです・・・)

台風19号_d0021969_12111952.jpg

高層マンションは地震時 停電による被害が

予想されていましたが今回は予想をされていなかった

「水害」によって大きな被害を受けてしまいました。

上の写真は私の事務所(住まい)の前の道路から撮った写真です。

右のマンションも地下電気室水没の被害を受けてしまいました。

想定されていない被害を受けたマンションの皆さんはショック

だったと思います。

私の家も多摩川の土手が後60cmで越水するところでしたので

もし越水していたら被害なしではすみませんでした・・・コワ。


田代 敦久 / 田代計画設計工房


# by npo-iezukurinokai | 2019-11-25 11:00 | 田代 敦久 | Comments(0)

住まいのリノベーション展

リノベーションの経験も豊富なメンバーが改修か建替かも視野に、総合的に判断してアドバイスいたします。今の住まいのさまざまな悩みや問題を具体的にどこに相談したらよいのか判らない、そんな方々も是非お立ち寄りください!
住まいのリノベーション展_d0021969_08380059.jpg
本日は11/11(月) 11:00~14:00 は、光風舎/吉原が担当致します。明日11/12(火)まで、NPO家づくりの会にて開催中です。

住まいのリノベーション展_d0021969_08375936.jpg


# by npo-iezukurinokai | 2019-11-11 08:42 | 吉原 健一 | Comments(0)

つくば市の家現場監理

秋晴れの金曜日、つくば市で四軒目になる住宅の現場監理でした。この家は化学物質過敏症の方の家なので、現場ではあたりまえに使われている接着剤やシーリング材なども極力使用しないでつくっています。
つくば市の家現場監理_d0021969_16175236.jpeg
二階の床下地には通常、構造上の必要から合板が使われていますが、この家では杉の厚板を斜めに張る特殊な工法により床の剛性を確保しています。現場の大工さんも初めてのことなので、とまどいながら進めていますが大変そうです。
つくば市の家現場監理_d0021969_16251419.jpeg
北に筑波山を眺める家、2月頃にはオープンハウスを予定しています。

木々設計室/松原正明




# by npo-iezukurinokai | 2019-11-10 16:47 | 松原 正明 | Comments(0)