ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

調査と研究

先日、建築研究所講演会を拝聴してきました。建築研究所は建築分野の様々な研究を行っている国の機関で年に1回研究結果を発表する講演会を開催しています。今回の発表テーマの「既存木造住宅の躯体の生物劣化発生確率に関する分析~100棟超の既存木造住宅劣化状況データベースの分析から~」。長い名前ですが、こちらの既存住宅劣化状況調査に調査員の一員として参加させて頂いていました。詳しい結果は建築研究所のHPからご覧いただけます。
d0021969_20031523.jpg
ざっくりまとめると、表面に見えている劣化状況ほど内部の構造体は劣化していないことの方が多いということでした。きっと皆さんが思っているよりも構造体自体はまだまだ使える状態のことの方が多いようです。構造体は活かしつつ耐震補強や断熱改修や間取り変更を行うことで暮らしやすい住まいにすることは十分可能ということだと思います。すぐに建替えと決めてしまう前に改修という選択肢も検討してみてはいかがでしょうか。

工藤夕佳/mokki設計室

[PR]
# by npo-iezukurinokai | 2018-03-09 20:40 | 工藤 夕佳 | Comments(0)

セミオーダーの椅子

工事中の住宅で、椅子をつくることになりました。床は杉のフローリング、足触りよく暖かい材料ですがその分、傷もつきやすい。ということで、とても軽い、針葉樹を使った椅子をつくる家具作家さんへ依頼し、建主さんとの橋渡しに奮闘中です。
最近、ガンバって事務所の一言ブログも更新中。こちらもよかったらどうぞ→小野育代のブログ
d0021969_00445595.jpg

小野育代/小野育代建築設計事務所


[PR]
# by npo-iezukurinokai | 2018-03-01 20:00 | 小野 育代 | Comments(0)

猫と住まい

昭和44年に作られた住まい。
これから断熱・耐震改修をすることになりました。
壊して、建て替えるという選択肢もあるのですが、
長年住まわれてきた思いもあって改修を決意されたそうです。
d0021969_11513546.jpg
d0021969_11520163.jpg
5匹の猫と暮らす家。
楽しそうな家になりそうです。

家づくりの会/リノベ窓口・活動してます。
福田建築設計事務所/福田隆一

[PR]
# by npo-iezukurinokai | 2018-02-27 11:54 | 福田 隆一 | Comments(0)

ソファーのデザイン

d0021969_20305702.jpg
ソファーのリサイズを検討しています。オリジナルサイズは幅2mですが、1,8mサイズを制作します。単純に幅を狭めるだけではなく改良を加えるため模型で高さや奥行きを微調整しました。樹種のバリエーションも増やす予定です。
d0021969_20263276.jpg

[PR]
# by npo-iezukurinokai | 2018-02-23 18:00 | 半田 雅俊 | Comments(0)

現場が進行中

2月19日(月)。ブログ担当の【BUILTLOGIC・石黒隆康】です。
今日は14:00〜17:00まで、市ヶ谷の家づくりギャラリーにて、窓口当番をしています。
家づくり、建替、リフォームなど、ご相談がありましたら、お気軽にお越し下さい。

最近は現場が同時進行していて、日常の中で現場廻りの機会が増えています。
どの現場も、慣れた工務店にお願いしていて、慣れた監督と職人さんのチームなので、
あまり神経質にならずに進んでいます。
d0021969_12153454.jpg
d0021969_12152682.jpg
d0021969_12152170.jpg
d0021969_12151657.jpg
それでも、3月になると追い込みなので、設計者も色々と調整仕事が増えてきます。
植栽やカーテンブラインドの打合せなど、、、、。
もう少しで完成が見えてきます。

オープンハウスが出来るようでしたら、またお知らせしたいと思います。

BUILTLOGIC・石黒隆康


[PR]
# by npo-iezukurinokai | 2018-02-19 12:19 | 石黒 隆康 | Comments(0)

作業興奮とも言うらしい

本日当番は 田中ナオミで市ヶ谷にいます。
さてさて…
どうにもこうにも余所見しちゃって
集中して原稿を書いたり出来ないことがある。
集中するまでに「食べたり飲んだりウロウロしたり」。
昔読んだ本で「海馬」という脳の部分は
使えば使うほど益々活発に動くんだ!という
希望に満ち満ち溢れた内容があったのだけれど
全く同じことを「作業興奮」という言葉にして
春風亭 昇吉という東大卒の落語家が言っておった。
とにかく手を動かしてやり始めると勢いがつく。
d0021969_15345803.jpg
田中ナオミのBlogも更新中。


言い方とか切りとり方なんだよなぁ
[PR]
# by npo-iezukurinokai | 2018-02-15 06:00 | 田中 ナオミ | Comments(0)

国産の薪ストーブ

薪ストーブのある家をこれまで50件以上設計してきてたくさんの燃える炎を見てきましたが、今まではほとんどが北欧かアメリカのストーブでした。国産は手作りのものが多く性能的にはヨーロッパやアメリカのストーブにはかなわないだろうと思っていたのです。ところが最近設置したAGNIは、デザイン、性能、つくり、全てに引けをとりません。特にこのAGNI-HUTTEは小型、42cmの薪が入る、離隔距離が少なくて済む、排気がクリーン、と都市部で使う薪ストーブの条件をクリアしています。薪ストーブの選択肢がまたひとつ増えました。
[PR]
# by npo-iezukurinokai | 2018-02-11 16:09 | 松原 正明 | Comments(0)

タイルの色選びは難しいのだ。

d0021969_09091496.jpg
d0021969_09092938.jpg
d0021969_09093798.jpg
キッチンの壁に貼る薄〜いグレーのタイルを探していますが、これが難儀で見つかりません。カタログでこれはとサンプルをお願いすると釉薬のかかり具合や波打つような表情に撃沈。メーカーさんには申し訳ないのですが、この繰り返しでダメ出しのタイルの処分もたいへんです。照明の具合でうまく色合いが再現出来ていませんが、下の感じのタイルを捜査中なのです。

call
d0021969_09104090.jpg
東京メトロ・表参道駅のタイルです。いわゆるメトロタイル、サブウェイタイルという白いタイルである。写真のように目地を交互にするか、目地を通すかで表情は違ってくる。今回は縦使いにして目地を通すデザインを考えている。レンガタイルを貼って薄いグレーにペイントするのも一案かな。

森 博 / 森ヒロシ建築設計所



[PR]
# by npo-iezukurinokai | 2018-02-10 09:12 | 森 博 | Comments(0)