人気ブログランキング |
ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

タグ:アート ( 79 ) タグの人気記事

深川不動堂

庄司寛建築設計事務所の庄司です.

門前仲町での打ち合わせ前に,深川不動堂へ…外壁に取り付けられたアルミ鋳物による無数の梵字は圧巻です.

d0021969_07044845.jpg
d0021969_07050104.jpg

庄司寛/庄司寛建築設計事務所


by npo-iezukurinokai | 2019-07-19 07:07 | 庄司 寛 | Comments(0)

味わい

先日完成した、マンション・リノベーションの写真が出来上がってきました。以前の家で使われていた建て具を利用しています。
元々特に特徴のないマンションの内装でしたが、馴染んだ建具が入ることで、建主さんにとってもよそよそしく無いものになったようで、「全部新しかったら家に対して人見知りしてしまったかもしれない。」という独特の言い回しをされました。なるほど「時間(経年変化)」が、親しみや味わいという「仕上げ」になっていると感じた次第。写真のように所々、マンションの躯体(コンクリート)も隠さずに表しにしています。白い部分は下地のノリの後。20年間、下地だった証拠です。
小野育代/小野育代建築設計事務所

d0021969_16473363.jpg

by npo-iezukurinokai | 2019-07-06 17:06 | 小野 育代 | Comments(0)

市原湖畔美術館

庄司寛建築設計事務所の庄司です.

千葉県市原にある“市原湖畔美術館” へ…

ゆったりと奔放にレイアウトされた建物もおおらかな居心地の良い空間でしたが,特に色部さんのサイン計画が印象的でした.可愛らしくデザインされたサインたちのイメージが目に残っています.

d0021969_06213400.jpg

d0021969_06220676.jpg

by npo-iezukurinokai | 2019-04-13 06:33 | 庄司 寛 | Comments(0)

プロジェクションマップとか

本日 市ヶ谷に座っているのは田中ナオミです。
家づくりの会は40人くらいの(曖昧やんか 笑)
設計者で運営しておりますが…
人数が多くなってきたので「分化会」のようにして
やりたいことを共有できる仲間と色んな活動をしてます。
例えば私はリノベーションの窓口というチームで研鑽してますが
住宅医だったりするもんでね)
会議ばっかりして真面目なのもなんだから…
ある日「ボーダレス」に行こう!ということで
その仲間たちと行ってまいりました。
d0021969_12060914.jpg


日本を客観的に
by npo-iezukurinokai | 2019-04-04 07:26 | 田中 ナオミ | Comments(0)

おとなの遠足

d0021969_13275684.jpg
3月末にリノベーション窓口の有志メンバーでお台場にて開催しているチームラボボーダレスに行ってきました。
薄暗い展示空間の中をさまよい歩くのですが建築の設計をなりわいとしているチームは、あてもなくさまよい歩くのはどうも苦手なようで、どうしても効率よく見て回りたくなってしまうのでした。あっちでもない、こっちでもないと、歩きまわって楽しむための展示は、時間がたつとまた違った見え方となり、なかなか楽しむことが出来ました。

リノベするならリノベーション窓口
 

by npo-iezukurinokai | 2019-04-01 13:51 | 福田 隆一 | Comments(0)

鳥の目で見る

d0021969_13433503.jpg

久しぶりに事務所で起伏のある敷地模型を作りました。厚みのあるボードを等高線状に積む模型をコンタ模型と言います。コンタ(contour)とは等高線という意味、、、コンタという言葉、学生時代に自然に覚えたので、意味も気にせず使っていました。チコちゃんに怒られそうですが。自分たちで作ってもちょっとワクワクしてしまうのが、模型ってもので。。。
事務所のひとことブログもよろしければ覗いてみて下さい。

by npo-iezukurinokai | 2019-03-01 13:54 | Comments(0)

RCRアーキテクツ展

庄司寛建築設計事務所の庄司です.

乃木坂の”Galleryで開催されている「RCRアーキテクツ展 / 夢のジオグラフィー」を視察してきました.

d0021969_06303621.jpg
d0021969_06304728.jpg
…彼ら(RCR)の建築の特徴である素材感を生かした印象的な造形的建築はあまり展示されていなかったけど,根底に流れる思想に触れることのできる展覧会でした.


庄司寛/庄司寛建築設計事務所


by npo-iezukurinokai | 2019-02-23 06:36 | 庄司 寛 | Comments(0)

中村彜アトリエ

仕事場と自宅の間に画家、中村彜(つね)のアトリエがある。
先日、徒歩通勤の途中寄った。

中村彜には「エロシェンコの肖像」という有名な絵がある。

大正時代に37歳という若さで結核で血を吐きながら亡くなった、
いわゆる夭逝の画家だ。
実は中村彜は僕の大好きな画家だ。
始めてこのエロシェンコの肖像を見たのは竹橋の国立近代美術館。
モダンデザインにはない、心揺さぶられる絵だった。
現在、重要文化財になっている。
さらに中村彜が好きになったのは「中村彝―運命の図像」という本を読んでからだ。


中村彜 運命の構図

  • 著者米倉守
  • 出版日1983/09
  • 単行本322ページ
  • ISBN-104888700443
  • ISBN-139784888700443
  • 出版社日動出版部


これ以上ない淋しさと孤独に包まれた人、と思わせるキリストのような人だ。
なお、この本は新宿中村屋を中心とした大正時代の芸術家達の群像風景も見ることもできる。

中村彜のアトリエは現在開放されている。
天井が6メートルはあろうかという部屋で、
入ると普通にはない空気感に包まれている。
それは私が中村彜に思いれがあり、
彼が晩年、ここで数々の名作を残して死んでいったことを知っているからかもしれないが、
建築的にも素晴らしい。
画家のアトリエは、よく北側に大きな窓を取っている。
それは、直射日光を嫌い、安定した採光を取るためと言われる。
確かに、淡い明るい光に包まれ、天井が高いこともあって、厳粛な気持ちにもなる。

この部屋をさらに観察すると、できるだけ影を作らないように、
光が部屋全体に回るように計算されている。
水平天井に対して、斜めに持ち上げられて天井は、末広がりに光が回るように台形になっている。

この中村彜アトリエ記念館は東京都新宿区下落合3-5-7
https://goo.gl/maps/6MNzG1JuT8x


泉 幸甫/泉幸甫建築研究所


by npo-iezukurinokai | 2019-01-31 14:08 | Comments(0)

東京カテドラル教会

庄司寛建築設計事務所の庄司です.


先日,目白のホテル椿山荘に行った際に少し時間があったので久しぶりに“東京カテドラル教会” へ…やはり素晴らしい建築です.

d0021969_07174291.jpg

d0021969_07171006.jpg

この建築の僕が好きなベストアングル×2カットです.


庄司寛/庄司寛建築設計事務所



by npo-iezukurinokai | 2019-01-18 07:25 | 庄司 寛 | Comments(0)

ARTと暮らす

本日市ヶ谷に
AM11時~PB14時まで居るのは田中ナオミです。
「川上和生さん」の絵がうちの仲間になった。
川上さんの絵は
朝日新聞で連載している重松清氏「ひこばえ」の挿絵や
JALの機内誌の浅田次郎氏のエッセイの挿絵で
ご存知の方も多いと思うけれどダイスキなのだ。
温かくて柔らかくてちょっと昭和の空気が漂う。
思い切って唐突に連絡してみたのだ。(オバチャンだもの)
そしたら「快諾」でお好きな絵を譲りますって。
わたしは「手」の絵を集めて居るので
探して探して…「保存食の絵本」からみつけた!
「しめ鯖のさばき方」笑
川上さんも以外だったようで…でも嬉しい。ヤッホー。
ARTと暮らすって毎日が豊かになるのだ。
設計者も同じでハードルは決して高くないっ!
ジャンジャンコンタクトとって突撃すべし。
わたしのBlogも更新してます、どーぞ。
d0021969_12430026.jpg
d0021969_12431294.jpg
d0021969_12432559.jpg
d0021969_12433612.jpg

by npo-iezukurinokai | 2018-12-03 06:00 | 田中 ナオミ | Comments(0)