ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

タグ:リノベーション窓口 ( 58 ) タグの人気記事

ソウル高層ビル群

家づくり学校韓国ツアーに行く前に韓流ドラマ「イ・サン」が面白く、77話を全て見て予習。
イサンは李朝時代第22代王の波乱万丈の物語。特権階級の両班や豪商の私利私欲の陰謀や汚職を正し、民のための政治をとイサンが奮闘する。しかしそう一筋縄ではいかない。
d0021969_11164687.jpg
今回韓国で訪れた建築はどれも素晴らしかった、しかし一方で古い町並みや個人商店が町ごと壊され高層マンションや大企業のビル群になってきているという。ソウルで見た白い高層マンション群は、巨大なお墓のようにも見え強烈だった。
そうイサンの話は今の時代も続いているのだ。権力者や経済の力が肥大化し町の環境を変えてゆく。日々個人住宅を設計し、何を考え大切な事はなどと、少し考えさせられる旅でもあったのでした。
d0021969_11164631.jpg



by npo-iezukurinokai | 2019-03-25 11:17 | 吉原 健一 | Comments(0)

韓国旅行

家づくり学校恒例の旅行で韓国に行ってきました。
近い国ではありますが、文化や生活スタイルも似ているところ、似ていないところと違いを感じることができました。古民家を中心に見学し、宿泊も古民家でしたので、オンドルも体験することができました。今でも薪を焚くオンドルも残っています。
d0021969_22394011.jpg
こちらは宿泊させて頂いた古民家。垂木は丸太です。オンドル部屋の間に板の間があります。

d0021969_22394522.jpg
こちらは草屋根の家。庶民の家です。キノコのようでかわいらしいです。

韓国にもシロアリがいるそうで、古い建物に蟻害を見つけたり、腐朽箇所を見つけたり、腐った木部を補修した跡を見つけたり、韓国に行っても建物の状態が気になってしまう職業病が出てしまいました。

木造は手入れをしていれば長く住み続けることができます。韓国でも大切に住み継がれている建物をたくさん見ることが出来て嬉しい気持ちになりました。

工藤夕佳/mokki設計室

by npo-iezukurinokai | 2019-03-18 23:02 | 工藤 夕佳 | Comments(0)

無双付框引込戸

2世帯住宅の2階階段ホールと2階居間を仕切る引き戸

冬も1階にある薪ストーブと太陽集熱ソーラーそよ風の暖気を2階へ循環させるために開けておくことが多い

そんなお宅に二匹の飼い猫がやってきました

以前飼っていた猫は土地勘があり外へ出ても戻ってきたが、今回は迷い猫を譲り受けたので脱走防止のため2階だけで飼うことに、しかし彼らは引き戸も開けてしまうと言うことで、、、

通風しながら鍵もかけられて必要な時は風除扉にもなる建具を考えました

使い勝手がよく階段ホールトップライトから入る格子越しの光も居間から綺麗と好評のようです

d0021969_09252955.jpg

赤沼修/赤沼修設計事務所


by npo-iezukurinokai | 2019-03-09 23:35 | 赤沼 修 | Comments(0)

えいっえいっえいっ!

3月4日に市ヶ谷に居るのは田中ナオミ です。
ここのところ地鎮祭が続くめでたい日々です。
でね…地鎮祭(神社の式典)ってご存知ですか?
産土の神様(土地を守ってくれる神様)に
工事の安全+住み手の平穏繁栄なんかを
どうぞ宜しくっていう祈願のセレモニーでありますが
その際に
設計者は鎌を持って 住み手は鍬を持って 作り手は鋤を持って
それぞれ前に出て「えいっえいっえいっ!」って演じるのです。
(余談:これが何回やっても少々小っ恥ずかしい…)
その掛け声は「えい=栄」であることを今回初めて知った。
「栄っ栄っ栄っ」だったのだ。へぇ~
d0021969_14322242.jpg
私のBlogも見てくださいまし



by npo-iezukurinokai | 2019-03-04 06:00 | 田中 ナオミ | Comments(0)

話したいヒトは…

本日2月12日は 田中ナオミが市ヶ谷に座っております。
昨今 隙間に?足繁く通うスポーツクラブで二人のご婦人が会話をしてた。
どうやら主旨は「介護」で、どちらも高齢の母上(姑)の面倒を見てる。
「リタイヤメントライフのこれからっていう時間が無くなる」ということを
経験智のあるほうがアドヴァイスしている体で会話が流れてる。
「アウトソーシング(こんな表現じゃないけど)上手に利用しないと駄目よ」
てなことを寄り添って親切にツラツラと述べておったのだけれど…。
冷静に考えたら…先ずスポーツクラブに来る時間がとれてる!笑
そして流れる会話を聞くに…アドヴァイスのように聞こえるが
どうも どうやら自分の話がしたいのだな…ガス抜きだ。笑
人生100年どころかIPS細胞で150年とか言っております。
生き切る!ってことを考えます…。
画像は私の両親がイースターに眠る予定の徳島眉山の納骨堂。
いい場所にあって幸せな終の棲家です。
d0021969_10095350.jpg

by npo-iezukurinokai | 2019-02-12 06:00 | 田中 ナオミ | Comments(0)

しあわせ間取り図鑑

住まい手と建築家のこだわり・工夫を詰めてつくりあげた住まいの事例を写真と間取り図で紹介しています。

間取り図には収納や水廻りのほか置き家具もカラーで色分けされ暮らし方が読み取れます。

事務所から「ハタビヨリ」と「碑文谷の家」が掲載されました。

エクスナレッジより絶賛発売中、書店などでお手に取っていただけると幸いです。>>amazon
d0021969_03433924.jpg

by npo-iezukurinokai | 2019-02-09 23:39 | 赤沼 修 | Comments(0)

ARTと暮らす

本日市ヶ谷に
AM11時~PB14時まで居るのは田中ナオミです。
「川上和生さん」の絵がうちの仲間になった。
川上さんの絵は
朝日新聞で連載している重松清氏「ひこばえ」の挿絵や
JALの機内誌の浅田次郎氏のエッセイの挿絵で
ご存知の方も多いと思うけれどダイスキなのだ。
温かくて柔らかくてちょっと昭和の空気が漂う。
思い切って唐突に連絡してみたのだ。(オバチャンだもの)
そしたら「快諾」でお好きな絵を譲りますって。
わたしは「手」の絵を集めて居るので
探して探して…「保存食の絵本」からみつけた!
「しめ鯖のさばき方」笑
川上さんも以外だったようで…でも嬉しい。ヤッホー。
ARTと暮らすって毎日が豊かになるのだ。
設計者も同じでハードルは決して高くないっ!
ジャンジャンコンタクトとって突撃すべし。
わたしのBlogも更新してます、どーぞ。
d0021969_12430026.jpg
d0021969_12431294.jpg
d0021969_12432559.jpg
d0021969_12433612.jpg

by npo-iezukurinokai | 2018-12-03 06:00 | 田中 ナオミ | Comments(0)

金剛さんの器

もう十年以上前から、朝食や一息ついたときに飲むコーヒーは金剛さんの作った陶の器を使っています、陶器なので欠けたりヒビが入ってしまい何代か代変わりしました。二週間程前、久しぶりに金剛さんからこちらに来ていると連絡をもらい、さっそく陶器市がある小金井公園へ、、、

d0021969_03552933.jpg

コーヒーや湯飲みの器の他、大皿、お茶碗、ソース容れ、ぐい吞、一輪挿しと金剛さんの陶の器が会うたびに増えました、手に馴染む器を毎日使える幸せに感謝!

赤沼修/赤沼修設計事務所


by npo-iezukurinokai | 2018-11-25 23:50 | 赤沼 修 | Comments(0)

一週間旅してきたのだ

本日11月2日のAM11時~14時まで市ヶ谷に居るのは
田中ナオミアトリエ
の田中ナオミです。
先週まで一週間
北イタリア→スイス→フランスの強行疾走旅をしてきたのだ。
家づくりの会ではリノベーションの窓口
というチームで活動してますが
ヨーロッパは基本的にリノベーション中心で
リヨンに至っては解体することは「禁止」なのだ。
画像は カルロスカルパのカステルベッキオ城。
これも勿論 リノベーション(リスタウト)でありまして
もうね…此処に立った途端…泣きました。
そんなこんなも私のBlogに続々あげてますので
見てくださると大変うれしいです。
グラッツイエ+ダンケ+グルッチ+グルエッサ+メルシー!
(こんなに沢山の有難うが流通しておるのだ)
d0021969_17013179.jpg

by npo-iezukurinokai | 2018-11-02 06:00 | 田中 ナオミ | Comments(0)

「直して住む」住宅展@都立大学ハッコウしゃ、のお知らせです

111(木)~4(日)場所は都立大学駅からすぐ、なんとなく懐かしい黄緑色のギャラリー「ハッコウしゃ」にて開催します。今回は参加メンバーがそれぞれよりすぐりの一枚「住まいの記憶」写真にコメントも添えて同時展示、家づくり&家直しのヒントが見つかるかも・・・

d0021969_02264169.jpg

また、4(日)16時から参加メンバーと来場者も交え「リノベーションの裏話&失敗談」をテーマに座談会を予定しております。

お気軽にお立ち寄りください。

詳細はコチラ>>

リノベ頼むなら「リノベーション窓口」まで

赤沼修/赤沼修設計事務所


by npo-iezukurinokai | 2018-10-28 23:18 | 赤沼 修 | Comments(0)