ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

タグ:家づくり ( 125 ) タグの人気記事

家づくり学校

家づくりの会では、“これから家を建てたい方向けの住宅相談“の他に“住宅設計を目指す方“を対象に『家づくり学校』を運営しています。カリキュラムは4年制で今期は十期目にあたります。

先日3年生の授業を受け持ちました。テーマは『住まいの平面計画』。

私たちの住まい方は意外に早く変化しています。食事の仕方もしかり。「いろりのある暮らし」を体験したことのある方は少ないでしょうが、子供の頃ちゃぶ台で食事をしていた記憶のある方はいらっしゃるでしょう。日本人がテーブルで食事をするようになったのは、以外と新しいのです。将来のことも考えておくことが住まいを長持ちさせる秘訣の一つでもあります。

d0021969_15364260.jpg

ちゃぶ台:折りたたみ式座卓。

夜は片付けて布団を敷く。

同じ部屋を寝食共用する住まい方。



[PR]
by npo-iezukurinokai | 2018-05-17 15:41 | 半田 雅俊 | Comments(0)

椅子ができました

前のブログで報告していたセミオーダーの椅子ができあがって、新しい住まいに入りました。製作者の石井さんが仮称として付けてくれた名前は、はぐくみの椅子。農業をされている建て主さんのことや、今回の家、椅子の製作背景を思ってつけたそうです。インスタ映えしそうな?角度で撮ってみました。
d0021969_13463880.jpg
家づくりの会もInstagram、始めました。→家づくりの会Instagram

小野育代 / 小野育代建築設計事務所(ひとことブログ も更新中です)

[PR]
by npo-iezukurinokai | 2018-04-27 14:06 | 小野 育代 | Comments(0)

リノベーションの窓口から

本日 市ヶ谷に座って居るのは
リノベーションの窓口のメンバーでもある田中ナオミです。
小さな講座+相談 強化Monthを開始いたします。
リノベーションという内容に特化して
誰にどんな風に聞いていいのか分からないことを
どーぞ、どーぞ聞いてください…という強化Month。
電話で確かめてから予約してくださると濃く話せます。
画像は先日LOFTへの階段を設置したリノベーション。
小さくても効果が抜群の方法を設計者は知っとる!
わたしのBlogも合わせてご覧下され
d0021969_17183711.jpg


[PR]
by npo-iezukurinokai | 2018-04-06 06:00 | 田中 ナオミ | Comments(0)

オープンハウスを行います

本日、窓口当番&ブログ当番のBUILTLOGIC・石黒隆康です。

お知らせになってしまいますが、今週末と来週末、2週に渡ってオープンハウスを行います。
今週末は、JR中央線の「武蔵小金井」駅から徒歩10分程度の場所です。
BUILTLOGIC初めての、平屋+瓦屋根の家です。
4月1日(日)11:00〜17:00になります。
d0021969_19435663.jpg
また、来週は小田急線「読売ランド前」駅から徒歩20分程度の場所です。
坂を登りますが、リビングから遠く景色を眺める事ができます。
4月7日(土)13:00〜17:00です。
d0021969_19442099.jpg
ご興味のある方は、是非お越し下さい。
お待ちしています。

お申し込みは、メールにてお願いします。
takayasu@builtlogic.com
前日までに詳しい地図をお送りします。

BUILTLOGIC・石黒隆康























[PR]
by npo-iezukurinokai | 2018-03-29 19:49 | 石黒 隆康 | Comments(0)

増沢洵さんがデザインした手すり。

d0021969_10140363.jpg
d0021969_10142162.jpg
d0021969_10143610.jpg
d0021969_10323928.jpg

時代を感じさせるガツンとした力強いデザインの手すりがいいでしょう。増沢洵さんが設計した2階建て長屋式のマンションをリフォームします。ボクが設計する細い手すりと違って存在感がタップリあって先達の仕事を間近に見られて幸せです。時々古い建物のガツンとした手すりに出会ったハッとさせられることがあります。半世紀経っても色あせない力強さと今どきの軽やかなデザインを比べるとどちらが生き延びるのか、東京駅周辺の新しい硝子のビル群を見ると前者を残したい思いの方が強くまりますね。リフォームではフィンランドの建築家、アルヴァ・アアルトがデザインした照明、家具が置かれます。白樺材と漆喰で仕上げてリブリブの天井にする。増沢洵さんとアアルトのデザインを上手に調和させるお仕事です。




[PR]
by npo-iezukurinokai | 2018-03-20 10:24 | 森 博 | Comments(0)

「家」は住まい手の生活を引き立てる「器」であって欲しい

d0021969_14414840.jpg
横浜の「tembo_House」の一年点検(2018年3月5日)に行ってきました。
大きな問題もなく点検は無事に終了。

ご主人がカスタマイズした家具と集められていた骨董品が空間の雰囲気をぐっとあげてくれています。
住まい手の生活を包み込むように私のデザインも馴染んでくれていて
設計者としてもとても幸せな気持ちになって返ってきました。

そこに素敵なお料理があってそれを盛り付ける器がある。お料理だって様々。超一流の料理人が作ってくれるスペシャルなお料理も、僕が作るカレーも、食べる人が喜んでくれたら、それはスペシャルな料理です。
美味しくいただくお料理も、器に盛られると、そこに素敵な空間が生まれる。あくまでも主役はお料理で器は引き立て役。お料理を引き立てる器が良い。
一方で、お料理を鍋から直接食べる事だって出来る。それはそれでまた違った味わいがあるんだろうけど、その特別な味わいは一過性のものであってオーディナリーなものではない。
お料理を引き立てる器が良い。それは料理人の腕と器のチョイスと使い方にかかってるけれども、そのセンスを持った料理人は素敵だ。スペシャルなお料理が何倍にもなって楽しめる。
生活を楽しむというのはそういう事なのだなと最近思う。住宅も同じ。
tembo_Houseの住まい手さんの生活を楽しむ姿を見て確信した。
僕はスペシャルなお料理を引き立てる器のような家を作りたい。それは建物だけで成立する作品ではなく、生活の素材。生活というスペシャルなお料理を引き立てる器なのだ。

古川泰司

[PR]
by npo-iezukurinokai | 2018-03-11 00:00 | 古川 泰司 | Comments(0)

セミオーダーの椅子

工事中の住宅で、椅子をつくることになりました。床は杉のフローリング、足触りよく暖かい材料ですがその分、傷もつきやすい。ということで、とても軽い、針葉樹を使った椅子をつくる家具作家さんへ依頼し、建主さんとの橋渡しに奮闘中です。
最近、ガンバって事務所の一言ブログも更新中。こちらもよかったらどうぞ→小野育代のブログ
d0021969_00445595.jpg

小野育代/小野育代建築設計事務所


[PR]
by npo-iezukurinokai | 2018-03-01 20:00 | 小野 育代 | Comments(0)

現場が進行中

2月19日(月)。ブログ担当の【BUILTLOGIC・石黒隆康】です。
今日は14:00〜17:00まで、市ヶ谷の家づくりギャラリーにて、窓口当番をしています。
家づくり、建替、リフォームなど、ご相談がありましたら、お気軽にお越し下さい。

最近は現場が同時進行していて、日常の中で現場廻りの機会が増えています。
どの現場も、慣れた工務店にお願いしていて、慣れた監督と職人さんのチームなので、
あまり神経質にならずに進んでいます。
d0021969_12153454.jpg
d0021969_12152682.jpg
d0021969_12152170.jpg
d0021969_12151657.jpg
それでも、3月になると追い込みなので、設計者も色々と調整仕事が増えてきます。
植栽やカーテンブラインドの打合せなど、、、、。
もう少しで完成が見えてきます。

オープンハウスが出来るようでしたら、またお知らせしたいと思います。

BUILTLOGIC・石黒隆康


[PR]
by npo-iezukurinokai | 2018-02-19 12:19 | 石黒 隆康 | Comments(0)

作業興奮とも言うらしい

本日当番は 田中ナオミで市ヶ谷にいます。
さてさて…
どうにもこうにも余所見しちゃって
集中して原稿を書いたり出来ないことがある。
集中するまでに「食べたり飲んだりウロウロしたり」。
昔読んだ本で「海馬」という脳の部分は
使えば使うほど益々活発に動くんだ!という
希望に満ち満ち溢れた内容があったのだけれど
全く同じことを「作業興奮」という言葉にして
春風亭 昇吉という東大卒の落語家が言っておった。
とにかく手を動かしてやり始めると勢いがつく。
d0021969_15345803.jpg
田中ナオミのBlogも更新中。


言い方とか切りとり方なんだよなぁ
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2018-02-15 06:00 | 田中 ナオミ | Comments(0)

タイルの色選びは難しいのだ。

d0021969_09091496.jpg
d0021969_09092938.jpg
d0021969_09093798.jpg
キッチンの壁に貼る薄〜いグレーのタイルを探していますが、これが難儀で見つかりません。カタログでこれはとサンプルをお願いすると釉薬のかかり具合や波打つような表情に撃沈。メーカーさんには申し訳ないのですが、この繰り返しでダメ出しのタイルの処分もたいへんです。照明の具合でうまく色合いが再現出来ていませんが、下の感じのタイルを捜査中なのです。

call
d0021969_09104090.jpg
東京メトロ・表参道駅のタイルです。いわゆるメトロタイル、サブウェイタイルという白いタイルである。写真のように目地を交互にするか、目地を通すかで表情は違ってくる。今回は縦使いにして目地を通すデザインを考えている。レンガタイルを貼って薄いグレーにペイントするのも一案かな。

森 博 / 森ヒロシ建築設計所



[PR]
by npo-iezukurinokai | 2018-02-10 09:12 | 森 博 | Comments(0)