人気ブログランキング |
ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

タグ:家づくり ( 156 ) タグの人気記事

にぎやかな

d0021969_09211269.jpg
猫5匹と暮らす家。
お引越しが終わり落ち着いた頃に伺ったときに撮れました!!
5匹そろってる。
ご飯の時間にたまたま居合わせて撮れたものですが
焦ってブレブレに。
5匹ちゃんと写ってるけどわかります?
来月には植栽が入るので、6月か7月には見学会ができるといいなと思っています。
減築、リノベーションした家です。
「住み心地は猫も良さそうですよ。」とうれしいお言葉を住まい手さんから頂きました。


by npo-iezukurinokai | 2019-05-21 09:24 | 福田 隆一 | Comments(0)

沖縄の地鎮祭

d0021969_11055394.jpg
この写真は先日沖縄で行なった地鎮祭の写真です。

この時期の沖縄らしく曇天の空です。

(この式の前後は雨でラッキーでした)


写真ではよく見えませんがテントの右側に

黄色の袈裟を着たお坊さんがいます。

(あまり良い写真ではなく申し訳ないのですが・・・)

そう!沖縄では神主さんでなくお坊さんが地鎮祭を

執り行うのです。関東でもそのケースがないとは

いいませんが非常に珍しいですよね。

沖縄ではその現象が逆転している訳です。


式の内容も関東とは違いなかなか興味深かったです。

とはいえ実は沖縄ではこの地鎮祭で4回目なんです。

3回目がかれこれ7年前くらいになるので忘れていた

という体たらくです。

「忘却とは忘れ去ることなり」が心に沁みます・・・・


田代 敦久 / 田代計画設計工房


by npo-iezukurinokai | 2019-05-20 11:00 | 田代 敦久 | Comments(0)

季節もの 仕込みもの

本日AM11:00~14:00まで
市ヶ谷に座っているのは田中ナオミです。
さて…このシーズン、畑では夏野菜を植えるタイミングなのだ。
ということは「●●忙しいのに」
野菜のBabyチャン達に水をやりに行かねばならないっ。
夏野菜ってのは殆ど水で出来てるようなモノなので
ゴクゴク飲んじゃって「もっともっと」と仰る。
しかしながら…
この子たちに夏~秋大変お世話になるので
丈夫に育ってくれるよう念じながら通うのだ。
季節ものや仕込みものは年間計画にきちんと組み込んで
生活をキリリとけじめながら楽しむ余裕を持ちたいっ!
(ワチャワチャなドタバタリアン生活の中に意地でも突っ込む無粋)
画像は…持て余すほど大きなうちの畑。
d0021969_14023524.jpg
本日はわたしのBlogもぜひご覧くだされ。


畑なんかやって優雅ですねえ
by npo-iezukurinokai | 2019-05-17 06:00 | 田中 ナオミ | Comments(0)

プロジェクションマップとか

本日 市ヶ谷に座っているのは田中ナオミです。
家づくりの会は40人くらいの(曖昧やんか 笑)
設計者で運営しておりますが…
人数が多くなってきたので「分化会」のようにして
やりたいことを共有できる仲間と色んな活動をしてます。
例えば私はリノベーションの窓口というチームで研鑽してますが
住宅医だったりするもんでね)
会議ばっかりして真面目なのもなんだから…
ある日「ボーダレス」に行こう!ということで
その仲間たちと行ってまいりました。
d0021969_12060914.jpg


日本を客観的に
by npo-iezukurinokai | 2019-04-04 07:26 | 田中 ナオミ | Comments(0)

無双付框引込戸

2世帯住宅の2階階段ホールと2階居間を仕切る引き戸

冬も1階にある薪ストーブと太陽集熱ソーラーそよ風の暖気を2階へ循環させるために開けておくことが多い

そんなお宅に二匹の飼い猫がやってきました

以前飼っていた猫は土地勘があり外へ出ても戻ってきたが、今回は迷い猫を譲り受けたので脱走防止のため2階だけで飼うことに、しかし彼らは引き戸も開けてしまうと言うことで、、、

通風しながら鍵もかけられて必要な時は風除扉にもなる建具を考えました

使い勝手がよく階段ホールトップライトから入る格子越しの光も居間から綺麗と好評のようです

d0021969_09252955.jpg

赤沼修/赤沼修設計事務所


by npo-iezukurinokai | 2019-03-09 23:35 | 赤沼 修 | Comments(0)

えいっえいっえいっ!

3月4日に市ヶ谷に居るのは田中ナオミ です。
ここのところ地鎮祭が続くめでたい日々です。
でね…地鎮祭(神社の式典)ってご存知ですか?
産土の神様(土地を守ってくれる神様)に
工事の安全+住み手の平穏繁栄なんかを
どうぞ宜しくっていう祈願のセレモニーでありますが
その際に
設計者は鎌を持って 住み手は鍬を持って 作り手は鋤を持って
それぞれ前に出て「えいっえいっえいっ!」って演じるのです。
(余談:これが何回やっても少々小っ恥ずかしい…)
その掛け声は「えい=栄」であることを今回初めて知った。
「栄っ栄っ栄っ」だったのだ。へぇ~
d0021969_14322242.jpg
私のBlogも見てくださいまし



by npo-iezukurinokai | 2019-03-04 06:00 | 田中 ナオミ | Comments(0)

話したいヒトは…

本日2月12日は 田中ナオミが市ヶ谷に座っております。
昨今 隙間に?足繁く通うスポーツクラブで二人のご婦人が会話をしてた。
どうやら主旨は「介護」で、どちらも高齢の母上(姑)の面倒を見てる。
「リタイヤメントライフのこれからっていう時間が無くなる」ということを
経験智のあるほうがアドヴァイスしている体で会話が流れてる。
「アウトソーシング(こんな表現じゃないけど)上手に利用しないと駄目よ」
てなことを寄り添って親切にツラツラと述べておったのだけれど…。
冷静に考えたら…先ずスポーツクラブに来る時間がとれてる!笑
そして流れる会話を聞くに…アドヴァイスのように聞こえるが
どうも どうやら自分の話がしたいのだな…ガス抜きだ。笑
人生100年どころかIPS細胞で150年とか言っております。
生き切る!ってことを考えます…。
画像は私の両親がイースターに眠る予定の徳島眉山の納骨堂。
いい場所にあって幸せな終の棲家です。
d0021969_10095350.jpg

by npo-iezukurinokai | 2019-02-12 06:00 | 田中 ナオミ | Comments(0)

しあわせ間取り図鑑

住まい手と建築家のこだわり・工夫を詰めてつくりあげた住まいの事例を写真と間取り図で紹介しています。

間取り図には収納や水廻りのほか置き家具もカラーで色分けされ暮らし方が読み取れます。

事務所から「ハタビヨリ」と「碑文谷の家」が掲載されました。

エクスナレッジより絶賛発売中、書店などでお手に取っていただけると幸いです。>>amazon
d0021969_03433924.jpg

by npo-iezukurinokai | 2019-02-09 23:39 | 赤沼 修 | Comments(0)

竹富島憲章

竹富島に行ってきました。石垣島から高速船に乗り10分、周囲9km程、人口360前後の珊瑚礁に囲まれた小さな美しい島。ここには、住民が1986年、自主的に定めた「竹富島憲章」があります。
d0021969_16163575.jpg
1、「売らない」島の土地や家などを島外者に売ったり無秩序に貸したりしない。
2、「汚さない」 海や浜辺、集落等島全体を汚さない。また汚させない。
3、「乱さない」集落内、道路、海岸等の美観を、広告、看板、その他のもので乱さない。また、島の風紀を乱させない。
4、「壊さない」 由緒ある家や集落景観、美しい自然を壊さない。また壊させない。
5、「生かす」伝統的祭事行事を、島民の精神的支柱として、民俗芸能、地場産業を生かし、島の振興を図る。

基地問題やリゾート開発で揺れる沖縄、美しい青い海を眺めているとやるせない気持ちとなるのでした。




by npo-iezukurinokai | 2019-02-07 16:17 | 吉原 健一 | Comments(0)

「移住のための住まいの相談」その名も『 IJU+ 』

皆さんこんにちは!
本日の窓口当番はアトリエ・アースワーク/山下和希です。

毎朝が氷点下の長野県安曇野市から今日も東京市ヶ谷の事務局にやって来ました。
中央道を新宿に向けて走る高速バスの車窓からは富士山が見えました。
安曇野に移住し、毎日北アルプスの山々を眺めながら暮らしている私ですが、富士山はいつ見ても「おお!富士山が見えている!」と感動します。
d0021969_15213093.jpg
車窓から見えた富士山
d0021969_15250640.jpg
我が家のリビングから望む北アルプス常念岳(2,857m)


さて、私はこの「NPO法人 家づくりの会」のメンバーとして活動させていただいていますが、
『今の住まいから他地域へ移住し、暮らしてゆくための家づくりをしよう!』と考えている皆さんの相談窓口として設けた新たなグループ『 IJU+ 』(そのままいじゅうプラスと読んでください)のメンバーとしても活動しています。

昨年活動を開始し、10月から毎月一回「移住」や「まちづくり」にまつわることをもっと知ろう!と各地を訪ねています。
12月は私と家内が中心となり開催した「FBグループ 信州移住ヨモヤマバナシ/初めての交流会(すみません。FBアカウントがなければ見れません)」にメンバーの萱沼宏記さん(山梨県出身)伊澤淳子さん(千葉県出身)とともに参加しました。
北アルプスをはじめとする山岳、自然や暮らしに魅力を感じ、各地から移住する人が多い長野県。移住先はそれぞれの移住目的によって多岐に渡ります。
今回の交流会参加者は長野県内各地から44名が参加し、「移住の目的」「移住のプロセス」「移住した感想」「これからのこと」などを和気藹々と話しました。

農業に魅力を感じて移住した人。信州の豊かな自然の中で子育てをしたいと移住した人。都内へ新幹線通勤している人。とにかく信州で暮らしたいと転職をし会社勤めをしている人。私のように2拠点生活を続けている人。
移住後の住居も、賃貸住宅で暮らす人、中古住宅を購入した人、一戸建て賃貸住宅で暮らす人、住宅を新築した人。それはそれは様々です。

みなさんとお話をし、どなたも前向きに楽しみながら移住後の暮らしを送っていることを嬉しく思いました。

d0021969_15024499.jpg
終了間際の撮影のため、途中退席された方、写っていなくてすみません。
d0021969_15023790.jpg
20歳代から80歳代まで活発に交流が行われました

今回は長野県への移住のお話でしたが、『今の住まいから他の地域へ移住し、暮らしてゆくための家づくりをしよう!』と考えている方、私たち『 IJU+ 』にご相談ください。



FBグループ 信州移住ヨモヤマバナシの参加メンバーは現在124人、ただの移住者の集まりではなく、移住を考えている人、地元の人も交えそれぞれが繋がり各々のキャリアを以ってして「何かできるのではないか?」と考えています。「一緒に大豆栽培やりましょう!」「干し柿作りましょう!」「スキーに行きましょう!」「飲み会やりましょう!」「薪割り会をやりましょう!」「〇〇いりませんか?」など活動が盛んに行われています。




by npo-iezukurinokai | 2019-01-08 15:52 | 山下 和希 | Comments(0)