ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

タグ:家づくり ( 147 ) タグの人気記事

「移住のための住まいの相談」その名も『 IJU+ 』

皆さんこんにちは!
本日の窓口当番はアトリエ・アースワーク/山下和希です。

毎朝が氷点下の長野県安曇野市から今日も東京市ヶ谷の事務局にやって来ました。
中央道を新宿に向けて走る高速バスの車窓からは富士山が見えました。
安曇野に移住し、毎日北アルプスの山々を眺めながら暮らしている私ですが、富士山はいつ見ても「おお!富士山が見えている!」と感動します。
d0021969_15213093.jpg
車窓から見えた富士山
d0021969_15250640.jpg
我が家のリビングから望む北アルプス常念岳(2,857m)


さて、私はこの「NPO法人 家づくりの会」のメンバーとして活動させていただいていますが、
『今の住まいから他地域へ移住し、暮らしてゆくための家づくりをしよう!』と考えている皆さんの相談窓口として設けた新たなグループ『 IJU+ 』(そのままいじゅうプラスと読んでください)のメンバーとしても活動しています。

昨年活動を開始し、10月から毎月一回「移住」や「まちづくり」にまつわることをもっと知ろう!と各地を訪ねています。
12月は私と家内が中心となり開催した「FBグループ 信州移住ヨモヤマバナシ/初めての交流会(すみません。FBアカウントがなければ見れません)」にメンバーの萱沼宏記さん(山梨県出身)伊澤淳子さん(千葉県出身)とともに参加しました。
北アルプスをはじめとする山岳、自然や暮らしに魅力を感じ、各地から移住する人が多い長野県。移住先はそれぞれの移住目的によって多岐に渡ります。
今回の交流会参加者は長野県内各地から44名が参加し、「移住の目的」「移住のプロセス」「移住した感想」「これからのこと」などを和気藹々と話しました。

農業に魅力を感じて移住した人。信州の豊かな自然の中で子育てをしたいと移住した人。都内へ新幹線通勤している人。とにかく信州で暮らしたいと転職をし会社勤めをしている人。私のように2拠点生活を続けている人。
移住後の住居も、賃貸住宅で暮らす人、中古住宅を購入した人、一戸建て賃貸住宅で暮らす人、住宅を新築した人。それはそれは様々です。

みなさんとお話をし、どなたも前向きに楽しみながら移住後の暮らしを送っていることを嬉しく思いました。

d0021969_15024499.jpg
終了間際の撮影のため、途中退席された方、写っていなくてすみません。
d0021969_15023790.jpg
20歳代から80歳代まで活発に交流が行われました

今回は長野県への移住のお話でしたが、『今の住まいから他の地域へ移住し、暮らしてゆくための家づくりをしよう!』と考えている方、私たち『 IJU+ 』にご相談ください。



FBグループ 信州移住ヨモヤマバナシの参加メンバーは現在124人、ただの移住者の集まりではなく、移住を考えている人、地元の人も交えそれぞれが繋がり各々のキャリアを以ってして「何かできるのではないか?」と考えています。「一緒に大豆栽培やりましょう!」「干し柿作りましょう!」「スキーに行きましょう!」「飲み会やりましょう!」「薪割り会をやりましょう!」「〇〇いりませんか?」など活動が盛んに行われています。




[PR]
by npo-iezukurinokai | 2019-01-08 15:52 | 山下 和希 | Comments(0)

ジューサー

d0021969_14105060.jpg
実家の片付けをしていると、昔の道具がゾロゾロ出てきます。これはジュウーサー。果物などを押しつぶして荷重を絞るもの。似たような器具(ジューサー)は、今でもありますがカタカナの「ウ」と効用書きとは時代を感じさせます。
d0021969_13060183.jpg
d0021969_13060354.jpg
説明書には、(新案果汁絞り器)意匠登録 昭和二九年 とあります。ジュースがまだ一般的な飲み物ではなかった時代でした。

半田雅俊:株式会社半田雅俊設計事務所



[PR]
by npo-iezukurinokai | 2018-11-18 13:00 | 半田 雅俊 | Comments(0)

エコな暮らし、ECOな家って?

本日の窓口当番&ブログ当番の石黒です。
イベントのお知らせです。「家づくりの会」の有志で活動している「KINOIESEVEN」がイベントを行います。
場所は、練馬区の「南田中図書館」です。
日時は12月2日(日)で、10:00〜18:00の間、KINOIESEVENの7名が会場でお待ちしています。
また、11:00〜、14:00〜の2回、セミナーを行います。「建築家が考えるエコな暮らし」と言うタイトルでお話ししたいと思います。

詳細やお申し込みは、コチラからお願いします。
d0021969_14544919.jpg
d0021969_14550207.jpg


[PR]
by npo-iezukurinokai | 2018-11-17 15:05 | 石黒 隆康 | Comments(0)

12月にオープンハウス二つ予定しています。

つくば山麓の家と葛飾区の家が12月に竣工。オープンハウスを予定しています。日時が決まり次第ご案内いたします。
d0021969_16471163.jpg
つくば山麓の家。居間の窓からは田園風景が眺めます。
d0021969_16494927.jpg
葛飾の家。昨日は植木選びに施主さんと川口市の安行へ。
ヤマボウシがきれいに紅葉していました。




[PR]
by npo-iezukurinokai | 2018-11-11 16:53 | 松原 正明 | Comments(0)

ザワザワ

先日、打合せ場所のすぐそばでTVドラマの撮影をしていました。ただし音や声はすれど、状況は全く見えないというシチュエーション、、なので、外がなんとなくザワザワ・・・私たちも建主さんも少しミーハー心がでてザワザワ・・・。そんな自分たちの状況を笑いあって、会話も弾んで、楽しい打合せができました。
d0021969_20305020.jpg


練馬区立南田中図書館をお借りして、KINOIE SEVENのメンバーでイベントを行います。今年で3度目になります。図書館内にも展示を行うのですが、こちらは約1ヶ月間、私たちの設計した家のパネルが展示されます。
図書館内の展示:11/6(火)〜
イベント(家づくり相談会+セミナー):12/2(日)10:00〜18:00


[PR]
by npo-iezukurinokai | 2018-10-23 20:39 | 小野 育代 | Comments(0)

古い車両

本日のブログ当番、BUILTLOGICの石黒です。
d0021969_17105616.jpg
自宅近所の風景です。
東急池上線です。3両編成のこぢんまりした電車です。
東京の都心を走っている電車にしては、レトロな車両だと思いませんか?
調べて見ると、1962年に製造された車両だそうで、その後何回も改造されて、今でも現役で走っています。
56年走っていると思うと、凄いですね。
作っては壊され、また作っては壊されする最近の世間を考えると奇跡的です。

で、この車両、今年度で池上線からは引退なんだそうです。
でも、養老鉄道という三重から岐阜を走る鉄道に移籍するするそうです。
移籍先でもガンバって欲しいです。

[PR]
by npo-iezukurinokai | 2018-10-22 17:24 | 石黒 隆康 | Comments(0)

自由に。楽しむ

後藤です。

昨日、家づくりの会の教育部門??「家づくり学校」2年生講義にて
左官を体験してきましたd0021969_09352720.jpg
















土壁に自分オリジナルの材料を入れて
自分の壁をつくる!
というテーマにて
長い歴史ある素材「土壁」では
〇〇産の土だとか
大きさ〇〇ミリの石だとか
ワラだとか色々な素材を混ぜて表情をつくるのですが

今回は、そんな基本や歴史に囚われず
自分で「考えて」「自由に」やってみる!というなか、なんと
食材を入れる人
金属を入れる人
花を入れる人
おもちゃを入れる人
芳香剤を入れる人
そしてなんと!!カレー粉を入れる人
などなど、20数名で
みんな「自由に」やっている姿は
日が暮れるまで、盛り上がって、盛り上がって
すごいパワーの塊で
みんな、日々の家づくりに活かしたくなりまして

こうやって
自分で考えて
自分の好きな
そして何より
歴史や常識を超えて、なにもかも自由。という世界が
本当の家づくりなんだなぁ~~とワクワクする1日になりました

後藤たかし/後藤建築設計


[PR]
by npo-iezukurinokai | 2018-10-21 09:00 | 後藤 孝 | Comments(0)

ソファ上の季節の風景

我が家のソファーに朝日が差し込んで綺麗でした!

d0021969_11252477.jpg

ちょうど今頃(春と秋)ブラインドの隙間から
朝日が差し込んでこのように綺麗な縞模様が見られます。
何気ない普段の景色にも季節の移ろいが感じられ
月日が過ぎるのを感じます。

我が家は都市計画で言う商業地域にあり
周りは高層のマンションだらけですが
幸いうちの南側が今も2階建ての住宅で
冬でも太陽光が差し込んでいます。
でもいつまで続くか・・・・


[PR]
by npo-iezukurinokai | 2018-10-15 11:00 | 田代 敦久 | Comments(0)

食洗機のこと

自宅の食洗機が故障していたため、思い切って修理を依頼しました。


d0021969_20213734.jpg
我が家は築10年。
これまでに食洗機を使用した回数は、おそらく20回くらい・・・?

あれほど悩んで設置したものの、妻は手洗いの方が性に合っているようで年に2度ほどの使用にとどまりました。

ですから、修理を悩んだのです。

(使っても、使わなくても、設備機器の寿命はやはり10〜15年位ですよね。)



d0021969_20213930.jpg

10年ぶりに引っ張り出します。

底面はこんなに複雑なのですね〜




d0021969_20214302.jpg

修理完了!!






[PR]
by npo-iezukurinokai | 2018-10-12 20:30 | 丹羽 修 | Comments(0)

鳥足のテーブル

テーブルをデザインするときに気を遣うことの一つは、テーブルの脚が邪魔にならないようにすること。
そのために長方形のテーブルであれば脚を天板の最も四隅に寄せると、脚が邪魔にならず、座ったときに最も広く使える。
しかし座るまでに脚に足が引っ掛かり、じゃまになりやすい。
そこでよく使われるのが中華料理屋の丸テーブルのように、中央にスチールの一本足を立てたテーブル。
しかしそれは天板が厚くて重かったり、また細長かったりすると倒れやすい。
そこで考えたのが写真のようなテーブル。
これだと座るときに気兼ねせずに足を入れることができ、また沢山の人が座ることができる。


テーブルを作るときにいつもお願いしている古市さんと相談しながらデザインをしたものです。
写真のテーブルを支えてくれているのが古市さん。


泉 幸甫/泉幸甫建築研究所


[PR]
by npo-iezukurinokai | 2018-09-22 15:55 | 泉 幸甫 | Comments(0)