人気ブログランキング |
ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

タグ:旅行 ( 128 ) タグの人気記事

goto京都

先日gotoトラベルで京都へ!と思い立ち早速、地元の建築家安井正さんに連絡をとり、お勧めのホテルを教えてもらうことにしました。
五条楽園という昔、花街だったところの遊郭が泊まれるようリノベされているとのことで、予約しようとしたのですが、、、。
goto京都_d0021969_19423840.jpg
gotoトラベルをフル活用すると、新幹線50%、宿泊35%オフ、おまけに地域クーポン15%がもらえるのです。しかし、ホテルに電話してもJRのことはわからない、JRはぜんぜん連絡繋がらない。結局色々調べてフル活用するには旅行代理店を通さないと割引がきかないとの事です。旅行代理店にいくとお客さんは誰もいないのに相談の予約は1か月先まで埋まっているとの対応、、、。
goto京都_d0021969_19423701.jpg
結局、自分で新幹線往復と柊家一泊だけ予約し、後は自由行動の3泊4日ツアーを組んでの旅行となりました。ホントにgoto現場はトラブっているのでした。
goto京都_d0021969_19423864.jpg


by npo-iezukurinokai | 2020-12-03 19:44 | 吉原 健一 | Comments(0)

本日の係は田中ナオミです

本日11月19日の住宅相談の係は田中ナオミです。
唐突ですが
柚子と柚香(ゆこう)とすだちの違いって分かります?
私は徳島で育ったのですが柑橘パラダイスでして
多分…地元の人はみんな分かっちゃうと思う。
香りの柚子酸味のすだち味のゆこうと言われていて
夫々 みんな素晴らしく良いのですが微妙に違う。
私はなんだかんだと言いながら(誰が言ってんだ 笑)
すだちが一番上品で洗練度が高いと珍重してます。
東京では数個で幾らって効果なものですが
徳島では捕り手も無くて放置されてる木も多く
何処の家でも山盛り在庫があって
挙句にジャアジャア絞っちゃってお酢として使う贅沢三昧。
かく言う私も箱でモリモリ送ってもらって絞ります。
本日の係は田中ナオミです_d0021969_14492500.jpg
本日の係は田中ナオミです_d0021969_14540504.jpg
今日は私のBlogも覗いてくださいましね。


by npo-iezukurinokai | 2020-11-19 06:00 | 田中 ナオミ | Comments(0)

ドブ板

ドブ板_d0021969_18551954.jpg
今年の夏はコロナ禍でどこにも行かず、このままだだと夏が終わってしまという!と思い立ち城ケ崎まで行ってきました。

海水浴には時期が遅かったのかマイナーな場所だったのか、人はまばらで波も穏やかイイ感じ。

普段プールで使っている水中メガネで潜ってみると、小魚も多く見ることが出来、夏らしいのんびりした時間となりました。
ドブ板_d0021969_18551959.jpg
そして帰りにドブ板通りに寄ってみようというコトになり横須賀へ。ドブ板は学生時代にジャズ喫茶でアルバイトをしていた思い出の場所でもあったのです。当時は大きな船が港に着くたびに、街には人が溢れ大騒ぎ。

たいてい白人の米兵さんはハードロックなどがかかっているバーやライブハウスへ。ブラック系の人たちはジャズのお店という流れだったのでした。英語はほぼしゃべれなかったのですが、店にはブルノートからECM系まで相当数のレコードがあったので何故だか音楽の話で通じあえたのでした。

それからウン十年経ち、街の様子はスッカリ変わってしまいましたが、当時から営業していたハンバーガーショップはそのままなのでした。



by npo-iezukurinokai | 2020-09-20 18:56 | 吉原 健一

益子へ

久しぶりに、益子へ行ってきました。
自宅からは車で2時間ほどの道のりです。
(途中に筑波山が見えるのですが、ここもおすすめスポットです)

陶芸作家さんや、知らなかったお店との出会いもあり
楽しい1日になりました。


益子へ_d0021969_13501153.jpeg
ちょっと大きめな花器を購入
(仕事場の窓辺に)

益子へ_d0021969_13500754.jpeg
中くらいの花器
(こちらは洗面所に)

益子へ_d0021969_13500190.jpeg
古い測量器。
写真では伝わりにくいですが、オール金属製で
とても重いです。製造は55年前のものでした。
(古道具屋にて。妻の反対を押し切り・・・)


丹羽 修/NLデザイン設計室



by npo-iezukurinokai | 2020-02-25 14:21 | 丹羽 修 | Comments(0)

新年の風景

庄司寛建築設計事務所の庄司です.

2020年本格始動しました … 実家湘南の海+LC.新年例会(神事) in 椿山荘

新年の風景_d0021969_07401792.jpg
新年の風景_d0021969_07411306.jpg

本年も宜しくお願いいたします.

庄司寛/庄司寛建築設計事務所


by npo-iezukurinokai | 2020-01-12 07:44 | 庄司 寛 | Comments(0)

一年に一回

今日市ヶ谷にAM11:00~14:00まで座ってるのは
田中ナオミです。
私は一年に一回一週間くらい海外に行きます。
今年はアメリカ東海岸をまわって建築を見て見え見て
ARTにまみれて人に会って美味しいものを食べて…
充満してきました。
画像はNY郊外のナビスコの工場をリノベーションした美術館。
あまりに素敵で帰りたくなくなりました。
そんな旅の様子を
Blogで更新してますのでどうぞご覧ください。
一年に一回_d0021969_16131770.jpg
一年に一回_d0021969_16130469.jpg
一年に一回_d0021969_16135063.jpg

一年に一回_d0021969_16141363.jpg

by npo-iezukurinokai | 2019-11-08 06:00 | 田中 ナオミ | Comments(0)

最新のエレベーター事情

最新のエレベーター事情_d0021969_11552142.jpg

過日建築雑誌の日経アーキテクチュアーに

最新のエレベーターの操作方法が載っていました。

確か九州で最近できたオフィースビルの話でした。


普通エレベーターに乗り込んでから

自分の行きたいフロアーのボタンを押しますね?!

そうするとそのエレベーターは様々なフロアーに

着床することになります。

時間の無駄ですし、そもそも乗る前にどのエレベーターに

乗るか直前まで分かりません。


この新しいシステムはまずこのボタンで自分の行きたい

フロアーを乗る前に押します。(セキュリティーあり)

そうすると何番のエレベーターがその階に一番早く行くか

示してくれますのでその前で待っていればいいのです。

しかも多くの場合その階まで直行です。

滞在中なんども利用しましたが、2回以上途中でとまった

ことは数回でした。


また普通にエレベーターの横の壁にも

このボタンはありますが

エレベーターの中にはボタンはありません!


ちなみにこれはハワイのホテルです・・・

アメリカではホテルにも早くもこのシステムが

登場しているのかと少し驚きました。


田代 敦久 / 田代計画設計工房
by npo-iezukurinokai | 2019-10-28 11:00 | 田代 敦久 | Comments(0)

紀伊半島一周旅。伊勢神宮に参拝しました


8月の終わり、現場監理・打ち合わせ・建築物定期調査検査のために2泊3日で家内と共に和歌山の事務所へ自動車で行きました。
現場は和歌山県内の有田市、田辺市、新宮市。となると自ずと安曇野を出発して大阪から和歌山に入り、和歌山県を南下しつつ三重県を通り安曇野に帰るというルートになります。
3日目最終日、新宮市での建築物定期調査検査を終え、熊野三山 熊野速玉大社に参拝和歌山県出身の建築家西村伊作の弟が設計をした佐藤春夫記念館、熊野川の度重なる大水の際に建築物を畳んで高台へ引き上げ、水が引けば元の場所へ立て直すという先人の知恵が作り上げた、折り畳み式家屋「河原屋」を見学、夕刻に安曇野に向けて出発しました。
<熊野速玉大社>
紀伊半島一周旅。伊勢神宮に参拝しました_d0021969_13253165.jpg
紀伊半島一周旅。伊勢神宮に参拝しました_d0021969_13253137.jpg
<熊野川の河原屋>
紀伊半島一周旅。伊勢神宮に参拝しました_d0021969_13253176.jpg
紀伊半島一周旅。伊勢神宮に参拝しました_d0021969_13253125.jpg
紀伊半島一周旅。伊勢神宮に参拝しました_d0021969_13253211.jpg
<佐藤春夫記念館>
紀伊半島一周旅。伊勢神宮に参拝しました_d0021969_13372599.jpg
紀伊半島一周旅。伊勢神宮に参拝しました_d0021969_13372562.jpg
紀伊半島一周旅。伊勢神宮に参拝しました_d0021969_13372588.jpg

途中で家内から「お伊勢さんに行きたい!」との提案があり、急遽もう一泊し、翌日、伊勢神宮に参拝することになりました。
伊勢神宮は「外宮」「内宮」の順に参拝するのが正式。
参拝客もほどほどの「外宮」に対して、「内宮」は 早くから街並み保全整備が行われた「おはらい町・おかげ横丁」など賑わう参道があるため参拝客も多いです。
久しぶりに伊勢神宮へ参拝し、それぞれの社を自分の目で確かめ、とても美しい日本の伝統工法の基礎を改めて学ぶ機会に恵まれました。
また、厳かな空気の中を歩くことで心身ともに浄化されたような気がします。
紀伊半島一周旅。伊勢神宮に参拝しました_d0021969_13261848.jpg
紀伊半島一周旅。伊勢神宮に参拝しました_d0021969_13253208.jpg
紀伊半島一周旅。伊勢神宮に参拝しました_d0021969_13253243.jpg
紀伊半島一周旅。伊勢神宮に参拝しました_d0021969_13261750.jpg
紀伊半島一周旅。伊勢神宮に参拝しました_d0021969_13261874.jpg
紀伊半島一周旅。伊勢神宮に参拝しました_d0021969_13253327.jpg
紀伊半島一周旅。伊勢神宮に参拝しました_d0021969_13253377.jpg



タグ:
by npo-iezukurinokai | 2019-09-03 13:57 | 山下 和希 | Comments(0)

富士川+駿河湾

庄司寛建築設計事務所の庄司です.


先日の静岡県での打ち合わせの後,車で富士川沿いに駿河湾に出た折の助手席からの風景がとても綺麗でした.

富士川+駿河湾_d0021969_06374548.jpg
富士川+駿河湾_d0021969_06381187.jpg

庄司寛/庄司寛建築設計事務所



by npo-iezukurinokai | 2019-08-25 06:39 | 庄司 寛 | Comments(0)

沖縄紀行 最終回 Ⅷ  識名園

識名園(しきなえん)は那覇にある琉球王家の別邸。

第二次世界大戦で破壊されたが戦後、復元された建物。

那覇の街から遠くなく、直ぐに行ける。

識名園のシキナって、何か遠い昔、聞いたことがあるな~、シキナ、シキナ・・・、そう、オキシキナ!

プロレスラーの力道山が活躍していたころの、レフリー(審判)の沖シキナさん!

レフリーの沖シキナさんにはわからないように、覆面をしたデストロイヤーかミスターXだったかが、覆面の下に忍ばせていた凶器を取り出すのが、いつものパターン。

凶器を取り出すのが、観客にははっきりとわかるが、沖シキナは気付かない。

そして日本人レスラーに襲い掛かる。

凶器で日本人レスラーは見る見るうちに額に鮮血が…。

それでも、沖シキナさんは外人レスラーを止めに入るどころか、凶器を使っていることさえ気付かない。

観客のイライラは募るばかり。

しかし、そのいらいらが絶頂に達したころ、力道山、空手チョップが炸裂!

バッタ、バッタと外人レスラーは倒れる。

あの時のレフリーが沖シキナさんだった。

外人レスラーが凶器を使っていることに気付かない、とぼけたダメな、名役者のレフリーだった。

識名園には全く関係のない話になったが、識名という姓は沖縄に多いのだろうか。

沖識名さんも確か沖縄出身だった。

そんなことを思い出しながら識名園を見た。この識名園は本土の人にはあまり知られてないが、回遊式の庭園で、建物もいい。

園路には琉球石灰岩が敷き詰められている。

園内で、まず目についたのは、池に浮かぶ六角堂。

二重になった屋根の重みに対し、下部は六方ともガラス戸で囲まれた部屋の軽さと、外部の雨端(あまはじ)柱の直線で構成された対比が、上手い。

民芸運動の創始者、柳宗悦は沖縄の民芸についての高く評価しているが、この六角堂についても絶賛したとか。

柳宗悦の「沖縄の人文」です。

沖縄紀行 最終回 Ⅷ  識名園_d0021969_21562711.jpg

御殿は建物の南と東に沖縄特有の雨端(アマハジ)を設け、雨と日差しを遮る。

柱はチャーギと呼ばれるイヌマキの木。

この根元が大変面白い。

水に大変強く、雨端に使われるチャーギは根元の部分から使われる。



泉 幸甫/泉幸甫建築研究所

タグ:
by npo-iezukurinokai | 2019-08-09 21:57 | 泉 幸甫 | Comments(0)